いにしえ模型 日産スカイラインクーペ350GT

これはスカイラインなのか?
f0171518_2238061.jpg
13代目にあたるV37スカイラインが発売された。五十余年の長きに渡り命名されるスカイラインだが、現在は北米で高い人気を誇るインフィニティの高級セダンの国内版としてネーミングされている。Vと名乗る通り、国内専用車種だったのを世界戦略車として大転換した11代目V35のコンセプトを踏襲している。

世界戦略ブランド、インフィニティのコンセプトカーとして当初発表されたXVLだったが、それがV35スカイラインとなった。硬派なスポーツセダンとして国内で絶大な人気を誇ったスカGだったが、その精神的基盤は直列六気筒エンジンにあった。それがV6へ、外観もそれまでとは全く違う流れるようなボディラインとなり、これはスカイラインではない、と愛好家達を戸惑わせた。しかし、インフィニティG35(スカイラインV35)は人気を博し、世界戦略車として成功をおさめた。

スカイラインはスポーティであるがスポーツカーではない。基本はセダンという実用車であり、スポーツカー然としたクーペであってもセダンベースである以上、スポーツカーとは見做されない。セダンベースの2ドア車はかつてはサニーからセドリックまでラインナップされていたが、いまやスカイラインだけとなった。長いホイルベースのファストバックはなかなか優美で、スペシャリティカーと呼びたくなる。

汗臭いスポーツカーではなく、優雅なスタイルのスペシャリティカー。大人にはそんなクルマが似合う。今や稀有になった佇まいがV系スカイラインクーペにはある。ただ、残念なのは汗臭い走り屋のイメージを払拭できない「スカイライン」という名前が付いていることだ。
f0171518_22382850.jpg

[PR]
Commented by かこ at 2016-01-29 19:59 x
こちら、プラモデルですか?
後ろにスカイラインと入ってますか?
それともインフィニティでしょうか?
いきなり質問すいません。
by match_boxes | 2014-02-21 23:35 | いにしえ模型 | Comments(1)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31