模型好きの異常な執念 ナガサキヤ 急行バス②

幼少の砌に遊び倒したであろう食玩バスの残骸。コイツに手を加える。
f0171518_14325116.jpg
大きく破損した側面をプラ板・プラ棒で作製。
f0171518_14125798.jpg
車輪は適当なサイズのものが無いのでボール紙を積層。完璧じゃなくていいのよ。カタチにすることが大事。
f0171518_14134424.jpg
ホワイトサフェーサーで地の色を潰す。このバス、今でも売ってたらいろいろ改造して遊べるのになあ。
f0171518_14261218.jpg
国鉄バスの塗色を再現。青というより紺色に近いのだが、わざわざ誂えるほどの事でもないので手持ちの余りでやっつける。テールランプは100均のネイルジュエリーを貼り付けた。
f0171518_14203098.jpg
国鉄バスの塗色は直線基調で簡単かと思ったが、意外や凝った塗り分けがされている。ルーフからリヤウインドウ下までの塗り分けはさらに青の縁取りがあるが、そんなの省略。スワローマークは向きが逆にモールドされている。
f0171518_14185581.jpg
灯火類はスワロフスキーを奢る。カタチはゆるいが60年代のバスの模型はなかなかないだろう。ゼンマイを付けて入門用プラモデルとして売り出してもよい出来だ。

ナガサキヤはカステーラの長崎屋として創業し直営の洋菓子店や喫茶店を経営していたが、バブル崩壊で倒産、食玩事業はタカラトミーの関連会社へ移管したという。
いまや食玩は大人も夢中になるコレクターズアイテムとなった。大人の事情はあったにせよ、多くの子供たちに食玩の楽しさを教えてくれたナガサキヤ。その宝物をひとつ、とっておこう。









[PR]
Commented by V10SS at 2016-05-16 20:42 x
こんばんは、初めまして。
ナガサキヤ急行バス、レストアなさったんですね!綺麗に仕上がってます。
塗装も、実車に近い濃い青よりこちらの方が模型としては見栄えがすると思います。
チョコレートが入る関係上全高が高めですがそこは食玩、当時の物としては良い出来だったと思います。
どうやら名神高速道路で使用されていた、昭和39年式ぐらいの日野車がプロトタイプのようです。
昭和46年頃、私も買ったもらった記憶が有るのですが当然廃棄してしまいました。
ナガサキヤ食玩シリーズ、デボネアも有ったんですか?
懐かしさで、訪問させていただきました。
良い物を拝見させていただきましてありがとうございます。
Commented by match_boxes at 2016-05-24 08:57
当方のページをご覧いただきありがとうございます。
この残骸を見つけた時はサッサと捨てようとしましたが、案外彫刻が細かく出来がよいのでカタチにしてみました。
昭和39年の日野がプロトタイプとは、つゆ知らず。勉強になります。
近所のスーパーの二階菓子売り場にナガサキヤの食玩はありました。デボネアはずいぶんカクカクしてましたが、特徴的なL型テールランプでそれとわかりました。その残骸もないか探しましたが処分されたようです。
懐かしいとお褒めの言葉を頂戴して、復活したナガサキヤの急行バスも喜んでいるでしょう。
by match_boxes | 2015-11-21 14:03 | 模型好きの異常な執念 | Comments(2)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30