ゴムタイヤ

またこんなモノを手に入れてしまった。
f0171518_18385943.jpg
デッドストックの工作用ゴムタイヤ。模型店よりも小学校そばの文房具屋さんで売っていた。ブリキのホイルキャップがまたいい味だしてる。
f0171518_18393064.jpg
このトラックのタイヤも悪くはないが
f0171518_184138.jpg
ゴムタイヤの方がグッとくるね〜。





[PR]
by match_boxes | 2016-06-30 18:41 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

BMW turbo

このところ、BMW M1に凝っている。
f0171518_18205461.jpg
調べると、M1はプロトタイプBMW turboのコンセプトを継いでいるという。
f0171518_18212749.jpg
f0171518_1822379.jpg
なるほど。ミドシップレイアウト、全体的なフォルム、特にリアの造形はM1に色濃く反映されている。

はて、BMW turboの模型なぞあるかな?とオークション探したらいきなりヒットした!これはもう縁であろう。
f0171518_18225956.jpg
f0171518_18235439.jpg
米澤玩具の発売だが生産は香港製。このマイナー車を取り扱ったのは膨大な種類のミニカー、ダイヤペットを送り出していたヨネザワならではか。カウンタックは知ってても、BMW turboを知るスーパーカー少年はいただろうか?珍しい車が玩具になっていたものだ。





[PR]
by match_boxes | 2016-04-20 18:24 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

じゅんくんの消防車

「これあげる」とブルースマンから靴の箱渡される。中にはくたびれたブリキの消防車。「オレのところにあってもゴミだからな」。
f0171518_8501187.jpg
梯子まで金属製はなかなか年代物だ。残念ながらフリクションモーターと梯子のロッドが壊れている。う~む直したい。
f0171518_8525612.jpg
とりあえず洗浄。古靴下を手にはめれば細部まで洗える。物はムダにしない。それにしてもじゅんくんて誰?。
f0171518_8543376.jpg
長年の奉公でホコリだらけ。靴下手袋なら細かいところまで手が届く。人間の手って最高の道具だな。
f0171518_8551911.jpg
分解。スカスカだったフリクションはギア抜けしていた。エポキシ接着剤では無理なのでハンダ付けする。
f0171518_8555669.jpg
シャシもホコリなのでタワシでゴシゴシ洗浄。水分はブリキに大敵だが、一回くらい平気だろ。天日でよく乾燥させ、サビ変換剤で防錆処理。
f0171518_8563450.jpg
問題は、破損した梯子の支柱。跳ね上げるバネは強力だし力もかかる部分だ。お菓子の空き缶から切り出したあて板をハンダ付けする。ハンダ付けが上手くゆかず、ネットでコツを勉強してなんとか復活。便利な時代だね。
f0171518_857719.jpg
気付いたこと。ブリキは各パーツのツメを折り曲げて組み立てられている。分解すると、きっちり折り曲げずひねっただけの留め方をしているところがある。キッチリ折り曲げてないのは手抜きだと思ったが、力のかかる部分は「捻り留め」(勝手に命名)のほうがガッチリ留まる。いろいろ考えられているのだ。
f0171518_8573788.jpg
欠品していたホイルキャップはレジンで複製、塗装。タイヤも自動車用洗浄剤で黒々と。前オーナーの名前はなかなか味わい深いので残しておく。それにしてもじゅんくんて誰だろう?。
f0171518_8581677.jpg
まあ、こんなもんでしょう。梯子がガガガ~と上がる様はなかなかに凛々しい。おもちゃに書かれた名前は、世界で持ち主だけのもの、ということ。この消防車もお気に入りだったから今の時代まで生き残ったのだろう。完璧ではないが、どこかの元オーナーの意気に感じて、活き活きとした姿にしてみた。これでお気に入りがまた一つ。プレゼントしてくれたブルースマンにも感謝。





[PR]
by match_boxes | 2014-03-25 11:09 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

頑是ない玩具好き

行楽シーズンは早朝配達が多い。出発前の観光バスに届けるのだ。早起きした日曜は28日。お、成田山で骨董市じゃないか。
f0171518_930359.jpg
先ずは出店で腹ごしらえ。温かいだけでありがたい。
f0171518_9341932.jpg
もうオモチャはやめようと思ってるのにこんなのが。
f0171518_9372372.jpg
「雨降って来たから負けたげるよ」に負けて手に入れる。立寄ったリサイクル屋でもプラモデル仕入れちゃって、我ながら、頑是ない。





[PR]
by match_boxes | 2012-10-28 23:55 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

BRZ!!

西口の家電量販店行ったらこんなの発見!!
f0171518_25456.jpg
ガンプラばっかの商品棚にひとつだけ残ってた。ウレシイなっっ♪。
[PR]
by match_boxes | 2012-06-30 23:56 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

トラック!トラック!!

 好きです、トラック。てゆうか、大型車両だね。乗用車とはまた違った魅力があります。
f0171518_1717467.jpg
 ウチの真ん前のビル建設現場にやってくる建設車両。普段じゃ見られないクルマに興味津々だ。機能に制約された上での形状は、スーパースポーツカーなんぞナンパなおもちゃに見える。

 幼いころは、家の前が国道16号線だった。大型トラックやバスが対面通行するという凄まじい状態で、いつも渋滞していた記憶がある。それを言うと往時を知らぬ人は一様に驚く。現在は抜け道みたいなもんだが、あの混沌がよくぞこの道幅で繰り広げられたもんだ。
 見上げるような厳ついトラックが、渋滞をじりじり進む。ディーゼル音とデカいタイヤとぐるぐる回ってるプロペラシャフト。いつかこれの模型が欲しいものだ、と思っていた。

 商用車というのは生産期間が長い。トラックとなればマイナーチェンジを重ね10年以上生産される。大型トラックの輸出向けなど20年は生産するようだ。東急車両に並んでいた左ハンドルのボンネットトラックを飽かずに眺めたものだ。
 でも、商用車は消費財として償却される運命にある。それが大型となれば保存されることはまず無い。あれほど走っていたのにまったく姿を消してしまう。

 近頃はデコトラというカテゴリーから真のスケールモデルが製品化されてきたが、1/32では迫力がいまひとつ。焦がれて行きついたのは、子供の玩具。オモチャ故、アオリなしの荷台などテキトーな造作だが、ディズニー的ヘンテコデフォルメではなく、往時の大型車両の魅力充分だ。
 ブロックパターンのダブルタイヤ、プラモデルにはない大きさの迫力。小山のように見えた大型車の記憶がありありと甦る。
f0171518_17202252.jpg

[PR]
by match_boxes | 2011-11-20 17:01 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

プレゼント

フワフワ仕事してても、通り道の古道具屋。いつもながら煩雑な店内に「今日は物色するのやめよかな」って気分だが、なんかスペシャルな感じで置かれているモノ発見!
f0171518_2158315.jpg
わざわざ置いときました、みたいなブリキのクレーン。箱付きなのに安い。値切ったワケでもないのに「おまけしときますよ」と店主。「こりゃ、クリスマスプレゼントだね。」と軽口。クレーン車のロボット顔が、和ませる。
[PR]
by match_boxes | 2010-12-25 17:38 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

オフ

巷は三連休だってえのに、こちとら仕事だい!仕入れ行かなきゃなんないし、お中元もデリバリーせにゃならん。おまけに灼熱地獄ときてらあ!車使って動くときは時間との勝負。最短でムダなく移動するにはどこを通るか?って考えながら運転するのが習性になっている。連休だから混みそうだなあ、とウロチョロ走ってたら気になるところが!
f0171518_23161087.jpg
ステラタウンの家具屋の跡地になんとかオフのリサイクル版が!時間ないけど、なかなか来ないから、と寄道。古着には目もくれず、万代書店みたいな一画へ。ムダなモノは買わぬ…と心がけてるが、珍しいの見つけるといつもガマンしてるから…と一気買いしてしまう。買い損ねて悔いるより買っとけ〜!とか言って後悔するパターン。進歩ね〜なあ、と自嘲しつつ駐車券出すと「5時間無料になります。」そんなヒマ人いるのかよお!?。
[PR]
by match_boxes | 2010-07-18 23:16 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

I LOVE プラモ

f0171518_13142814.jpg
ブリキ熱もすこし冷めて、ジャンクプラモをコツコツ直してる。プラモ作りは時間をムダにして得るものがない非生産的な行為、と思うんだけど、やめられない。好きなもんで。

買い漏らしたトミカを求めて久々に与野のオモチャ屋。「今日はお休みですか?」なんて聞かれる。ええ、まあ。チョイとプラモコーナー拝見。ガンプラばかりになってしまった量販店に対し、ここは自動車、ミリタリーが揃っていて今や貴重な存在。お、童友社の再販も健在だな、と値段見て愕然!値上がりしてる!1.5倍も!

かつてプラモは街の至る所で手に入った。文房具屋、駄菓子屋、近所のカメラ屋も置いてたっけ。プラモの入り口は子供のお小遣いで買える100円くらいのチープなヤツ。車、戦車、ヒコーキが一同に揃うとワクワクしたもの。それが今や高額商品となってしまい、大人目線のものばかりになってしまった。シンナーの匂いにまみれながら、小さな愛好家が育たなくなりそうな予感に憂慮している。
[PR]
by match_boxes | 2009-09-21 13:15 | 頑是無い玩具好き | Comments(4)

いつかのトヨタ

かつて我が家はお漬け物屋さんをしていたのだが、ある時期から大手メーカーの業務用を仕入れるようになった。いつものように工場で遊んでると、営業の人が一抱えのおみやげを持ってきてくれた。大きな赤い消防車。前のところに「TOYOTA」って書いてあった。

トヨタはかつて大型トラックを作っていた。そのデザインは独特で、玩具にも模したものが多かった。実際はディーゼルが主流になってもガソリン車を作っていたりで市場を築けず、1966年に日野と業務提携して以来、大型トラックから撤退した。

トヨタのトラックがメジャーじゃないことは、自動車ガイドブックを熟読していた小学低学年の自分はわかっていた。が、突然渡された大きな消防車にメロメロになり、そんなことはどーでもよくなった。ハシゴ上げたり、ライト回したり。ずいぶん気に入ってたが、家を建て替えるときに近所の小さい子達に分けられてしまった。さびしかったなあ。

いつものようにヤフオク見てたら見覚えのある消防車。おもわず手に入れる。ブリキじゃないから思いのほかお手頃だった。ハシゴやライトいじると懐かしさがこみ上げる。と同時にフト思う。「この消防車をくれたのは誰だったんだろう?」よそんちの子供喜ばせるためだったのなら、ずいぶん優しい人だなあ。せがむお子様にタバコ車ひとつあげられぬ自分を反省しつつ、いつかのトヨタをくれた人を、しみじみ思うんである。
f0171518_019199.jpg

[PR]
by match_boxes | 2009-09-14 00:01 | 頑是無い玩具好き | Comments(2)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31