カテゴリ:模型好きの異常な執念( 26 )

一年越しのハイエース⑦

まあ、この辺で完成としましょう。手を加える前と後を比較して眺めます。
f0171518_12222284.png
f0171518_12230964.jpeg



f0171518_12250233.png
f0171518_12265164.png


f0171518_12275903.png
f0171518_12290768.png


f0171518_12305182.png
f0171518_12322094.png
ヘッドライトをキラキラのスワロフスキーに置き換えるのが好きです。子供の頃に憧れた外国製ミニカーみたいでね。このテのトラックのモデル欲しかったんだよね。
またお気に入りが一つ。





.

[PR]
by match_boxes | 2017-03-11 10:10 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

一年越しのハイエース⑥

家具を譲ってもらうことになったが、カロバンでは載らない寸法なのでトラックを借りた。バネットという名前だが、これはボンゴのOEMだ。昔は各社個性的な商用車があったが、今はバッジエンジニアリングでおもしろくない。
f0171518_11354468.jpeg
が、トラックに乗ってみたら楽しいじゃないの。視界はいいし、荷物ガンガン詰めるし、荷台でドタンバタン騒がしくても「こちとら仕事だい!」と平気な顔していられる。スポーツカーなんぞよりよっぽど「漢」になれるぜ。
f0171518_11365793.jpeg
トラックで三方開きの便利さを実感。構造もずっと変わらないのだろう。実車に近ずけるべく細部を作り足す。
f0171518_11382292.jpeg
プラサフはモデルの七難隠す。テッチンタイヤに交換したかったが縮尺がやや小さいようで、合うものがないのでアルミホイルのまま。サイドのモールもトラックには付かないのだが、折角モールドされているしオーナーがカスタム好き、ということにして残しておく
f0171518_11391559.jpeg
塗装はテーマカラーのイエロー。商用車にこの色はなかなかのセンス。実際は白色が殆どだったろうけど。




.

[PR]
by match_boxes | 2017-03-10 10:10 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

一年越しのハイエース⑤

作った模型を走らせることなんてないが、機構があるなら機能させたい。
f0171518_00584669.jpeg
もともと付いていたモーターは接点復活剤で再利用。シートを接着して固定するのだがそれではうまく機能しない。プラ板をビス留めして押さえる。ビスの締め加減でモーターの回転を調整。キャブ調整みたい。
f0171518_00595280.jpeg
スイッチと電池ボックスは市販品。本来は単三乾電池×2で駆動するが、そんな勢いで走らせることも無いので単四一本。当時の模型なら電池が荷物になってるがそれもイヤだし。スライドスイッチは前進のみ。モータライズの模型は配線からいちいち組ませるが、そんな面倒くさいことさせないでこれでいいんじゃないか。逆転なんかさせないよ。
f0171518_01013621.jpeg
シャーシはこんな感じ。スイッチと電池ボックス仕込んでモータライズ復活。エキパイとスペアタイヤも装着。




.



[PR]
by match_boxes | 2017-03-09 10:00 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

一年越しのハイエース④


f0171518_17134218.png
荷台にヤグラとアオリを付ける。正調なトラックになってきたかな。
f0171518_17143289.jpeg
プラ板切った貼ったで楽勝かと思いきゃ、結構複雑なんだよね。
f0171518_17161808.jpeg
シャーシはこんな構成に。シャフトのジョイントは、昨年閉店したH模型さんに譲っていただいたもの。こういうパーツももう出てこないよなあ。
f0171518_17172215.jpeg
キャブ、荷台、シャーシ、で構成されます。




.


[PR]
by match_boxes | 2017-03-08 10:10 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

一年越しのハイエース③

ともかく、シャーシを作らねば始まらない。土台がなければ架装が出来ないのだ。これは実車も模型も同じ。
f0171518_12444019.jpeg
当時の自動車ガイドブックで拾った寸法から割り出す。
f0171518_12462916.jpeg
荷台の寸法も割り出してボール紙で検討。ホイルベース短いような気もするが…
f0171518_12485729.jpeg
まあ、実車の寸法に準じよう。テキトウにシャーシをデッチあげる。キャブ後ろのリブはテキトウすぎますね。
f0171518_12495438.jpeg
エバーグリーンのプラ材で荷台を作成。お、トラックらしいじゃん。




.

[PR]
by match_boxes | 2017-03-07 12:50 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

手に入れたジャンクの元々はコレだろう。流通していた頃に眺めてるはずだが入手はしなかった。乗用ワンボックスが人気だった頃はいろいろキット化されていたが、ミニバンが主流になった現在、再生産されることは望めそうにない。絶版も結構なプレミア価格が付いている。
f0171518_00575159.png
その丸いフォルムから「新幹線」と呼ばれたハイエースは、唯一グンゼが模型化した。化繊メーカーとして石油精製の技術が手中にあったからの模型部門であろう。カーモデルにも力を入れていたが、今では見かけることもない。
f0171518_01001025.png
ジャンクはぶった切られていてトラックにするしかない。標準仕様はカタチにするのがメンドくさそうなんで三方開きにする。丸いフォルムにゴツい荷台だが、街を走っていたのはこの仕様が主だったのではなかろうか。
f0171518_01132957.jpeg
ジャンクを眺めるといろいろ発見がある。製作者はランナーをシャーシにしたらしい。俺もやったなぁ。所々にこびり付いてるグレーのものはタミヤのパテであろう。どうやら接着剤として使ったようだ。知識と経験がないととんでもないことしちゃう。そして、リアのデフからシャフトが伸びている。なんと、FRなのか!ずいぶんと凝ってること。
f0171518_01210173.jpeg
FR機構は残したい。プラ棒でガッチリフレームを渡し、ホイルベースの数値から割り出してデフの位置を決める。ドライブシャフトの長さが合わないのでジャンクパーツを調整して使う。んーオモシロい。メンドくさい。





.

[PR]
by match_boxes | 2017-03-06 08:58 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)


いまさらだが、自動車が好きである。訳は知らぬが子供の頃から好きだった。
国の内外、大小、カテゴリーを問はず興味がある。また、スペックとか人気の有る無しはあまり気にしない。要はクルマのカタチと佇まいが好きなのだと思う。

そんなクルマ好きにはたまらないイベントがあって大いに楽しんだのだが、フリーマーケットの会場があるのに気付いたのは閉会時刻が迫った頃だった。大急ぎで見回ると目に入ったのがハイエースのプラモのジャンク。値段を尋ねたら意外に強気の価格。いやいやこの程度でそれはないでしょ、と手に入れなかった。
しかし、後悔先に立たず。工作をしてるとあのハイエースがどーも気になる。あれは廃棄レベルのジャンクだ、いやいやいじり甲斐があるじゃないの、と。

明くる年のイベント。またいそいそと出かける。目的はあのハイエース。こんな腹積りでやってくる者はまずいないだろう。だが、フリマのものは一品モノばかりなので、買い逃すと再び手にはいることはまずない…。

件のブースはあるかな…人を掻き分け捜した先には…あった‼︎あのハイエース‼︎
値段も昨年の1/3だったので手に入れる。まさに一年越しである。
しっかし、これに値がついてるのもすごいなあ。
f0171518_08342081.jpeg
うーむ、ひどい。よく見るほど、ホントにヒドイ。
まあ、これを手に入れようと思う人はいないか…
f0171518_08354414.jpeg
元は多分、グンゼのハイエースワゴン。今は結構な貴重品。
それをトラック野郎にでもしたかったのか?
f0171518_08380361.jpeg
このホイルベース、どんなクルマにしようとしたのか?
どうみても子供の作だが、カタチにしたい熱意は感じられる。
f0171518_08401411.jpeg
眺めててもしょーがないので、即分解。カタチになるかなー





[PR]
by match_boxes | 2017-03-05 10:53 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

マスキング作業を三回。ああ面倒くさい。
f0171518_11435790.jpeg
国鉄高速バスのブルーはメタリックのようなので、それでいく。
f0171518_11443703.jpeg
車輪の製作。羊羹の箱が加工し易くていいですね。
f0171518_11454348.jpeg
f0171518_11461629.jpeg
こんな感じで完成としますか。
f0171518_11471496.jpeg
オリジナルと差別化するためにライト周りをブラックとしたが、基本は同じ下回り。
f0171518_11475167.jpeg
リアを延ばして屋根を低くしたのでオリジナルより近代的な印象。チョットいじればいろいろ遊べるナガサキヤの食玩。
いまでもお菓子売り場にあったらなあ、と思います。







[PR]
by match_boxes | 2016-05-25 11:53 | 模型好きの異常な執念 | Comments(2)

ナガサキヤ急行バスはどーにかレストアしたが、もう一つ下回りだけが残っている。こいつも再利用してみよう。
f0171518_11331596.jpeg
後ろ半分をオープンにして楽しげな宣伝カーにでもしようかと思ったが、これはリアエンジンバス。オープンデッキにするスペースがない。
f0171518_11340066.jpeg
どうせ上半分を作るのなら、高速バスにしてみようか。それにしても国鉄バスってカッコいい!!

f0171518_11344911.jpeg
オリジナルはリアオーバーハングが短くてドンくさい。延長して調整、側面窓も高速バスのスピーディな意匠にする。
f0171518_11355159.jpeg
こんな感じになりました。
f0171518_11372199.jpeg
車体下部の延長した部分に非常口を強引に持ってきたのでちょっとバランスが悪い。
f0171518_11431241.jpeg
まあ、細かいことは気にしない。屋根も低めにしてオリジナルよりスマートな印象に。





[PR]
by match_boxes | 2016-05-24 12:34 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

結局、こんなんなりました。コスモスポーツ・シューティングブレーク。
f0171518_1645018.jpg
…カッコいいかといえば、それほどでも…
f0171518_1663279.jpg
まあ、ちょっとした小旅行もできる遊びグルマとしてイケるのではないだろうか。
f0171518_1672483.jpg
f0171518_1681873.jpg
実車でこれをやる人はいないでしょうね。変わったコスモだな、と笑ってください。


ここで、自分が思うシューティングブレークをいくつか挙げておきます。
f0171518_16254102.jpeg
f0171518_16262993.jpeg
f0171518_16284415.jpeg
f0171518_16291962.jpeg
f0171518_16300263.jpeg
f0171518_16314303.jpeg
f0171518_16344311.jpeg
かように、シューティングブレークとは2ドアクーペから派生したパーソナルなクルマであり、4ドアセダンベースではどうスタイリッシュに設えても生活臭は拭えないのであります。最後に、チョットいいな、と思った一台。
f0171518_16350560.jpeg
コペンに興味はなかったが、これはありです。一人乗りの多い軽だからこそ、このパーソナル感。2ドア派生だからこそのプロポーション。この小さなシューティングブレークはぜひ実現してもらいたい。





[PR]
by match_boxes | 2016-04-30 16:36 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

小箱なバーの毎日