ハンターカブ本物

モさんが例のハンターカブの本物を見せびらかしにきた。フロントフォークが取り外せる?レバーとか前ダウン後ろアップの変則ミッションとか携行のガソリンタンクとか、フツーと違ってて面白い。110ccのエンジンも力強い音してて楽しそう。
f0171518_17311722.jpg
   ホルモン焼屋さん所有だそうで、荷台の箱にはキムチやらが入ってました。
[PR]
by match_boxes | 2010-10-27 17:36 | のりもの | Comments(0)

ビールじゃんけん

週の始めは早番がクロサワチキン(美味!)差し入れ。遅番もいないので閉めよ、としてたら土曜に続いてゆおちゃんのパパママ友人と賑やかに来店。今夜は早じまい、とシャッター閉めたら小窓から覗くヤツら。合い言葉は?「ぬん。」しゃあない、開けてやるか。酒好き男どもが集まり〆の瓶ビールを誰がおごるか、じゃんけん。ダイちゃん二回もごちそうさま。
[PR]
by match_boxes | 2010-10-27 17:24 | 日記 | Comments(0)

 車には、金がありゃ買えるのと、そうじゃないのがある。Stiは乗り手を選ぶクルマだ。

 学生時代の友人TがStiを買った、というのは俄に信じられなかった。「つまらね〜」と言いながら、取引先の関係で乗っていたオペルからえらい違いだ。ド派手なパワーバルジとリアスポイラー。目にも鮮やかなブルーメタ。まっとうなサラリーマンが乗るなんて!

 「紅葉を見に行こう」と、早朝に迎えにきた。すでにマフラーは変更されていて、ボクサーの野太い音がご近所に迷惑じゃないかと心配した。SAで交代し、初めてStiを走らせる。イグニション・オンと同時にSti三連メーターの針がピシッとコンディションを表示し、冷たい空気を弾け飛ばすように吠える。目障りなバルジ。窮屈にサポートするシート。重いハンドルとクラッチ。硬派な車だ。

 高速車線を一気に狙うとカタパルトから飛び出したようだ。なんてえ加速。それでいて、4WDの足まわりはガッチリ路面を掴むからロスが無い。リミッターが利く速度でも安定感はまるで途絶えない。凄い車だ。いろは坂の上りでターボのドッカンパワーを楽しんだ後、交代した下りでTがスムースに転がすのを誉めると、「オーナーだからな。」その一言に嫉妬した。

 「俺の車買わないか」とメール。海外への赴任が決まり、手放すことになったのだ。「エンジンは手でバランス取り済み。POTENZA新同。Tベルトとラジェータ交換済み。車検は通したばかり。」車をわかってるヤツだけにツボを押さえている。激しく心が動いた。だが、今の自分には満足に乗りこなせないと判断し、辞退した。「クルマ、やっぱ思い入れがあるから、業者に売っ払いたくなくてなあ。」Tの気持ちは痛い程わかる。

 暫く会えないTに何を贈ろうか?そうだ、Stiを作ろう。Vice Presidetという重責を背負う人物に贈るには子供じみているが、オレらしくていいだろう。「あんなことあったな、あんなとこ行ったな。」コツコツ組み立てながら、Stiで走ったことを思い出す。オレにとっても、Stiは特別なクルマなのだ。

 予告もなしに送りつけたが、Tはことのほか喜んでくれて、Stiの模型を持ってゆくと言ってくれた。おもえば、彼の活躍はStiを手に入れてから飛躍したような気がする。彼の地では運転は御法度で、ショーファードリブンで移動するとのこと。暫くはクルマと縁がなくなるが、Stiの豪快な走りのように、活躍してもらいたい。頑張ってくれ。

f0171518_1313111.jpg

[PR]
by match_boxes | 2010-10-25 01:31 | いにしえ模型 | Comments(4)

週報

週の前半は100円セットができたよーなできないような。原価率からいって、オリーブは二個が妥当だと思うんですけど…。

木曜ヒマかと思いきゃ遅くにモパー乗り。hanaちゃんも捕まり展示物に落書きしだす。チギレ犬はhanaの中学からの持ちキャラです。中身が飛び出してるのはモパーです。パトカーは私です。深夜に男同士でアニメ見てるのはヘンです。

金曜はやっぱり遅番が集合。hanaちゃんイメチェン。店長がタロット占いできるってんで一同寄り合って成り行き眺めて深夜営業。店長は当面酔わせてもらえないでしょう。

土曜は猫男チャリで参上。前に来た夫婦久々乳母車押して来店、家族が増えてる!猫男の高いたかい〜にキモ冷やす。遅くに社長夫人だいぶよって来店、コサージュもらう。通りがかった美容師と懐かしやアラさん無理矢理引っぱり込んでワケわからない。無理矢理同じ屋根の住人に夫人送らせる。蹴られたなう。
[PR]
by match_boxes | 2010-10-25 01:03 | 日記 | Comments(0)

システムコンポ

黄色いミゼットでレコード屋さんがやって来た。「ここの音響はヒド過ぎる」と、スピーカ持ってきてくれたんだが、「これもあげる」とアンプも。

ホコリ被ってたアンプは外部入力端子が豊富で、使える。スピーカも2系統分岐できるので好都合。一つのアンプでレコード、CD、USB、さらにはカセットテープまで一元管理できる最強のシステムコンポが完成した。音もいい。
f0171518_17265551.jpg
その代わり、いままでメインで活躍していたミニコンポがただのCD再生機になってしまった。ある時を境に立場が変わってしまう人間社会みたいだなあ。
[PR]
by match_boxes | 2010-10-22 17:29 | 道具 | Comments(0)

ラウドパ〜〜ク!!

日曜日、行ってきました、LOUD PARK。「見たほうがいい!」とヘビメタ好き常連に誘われ、初体験。着替え入れたカバン背負ってくと「カバンはダメだよ!」と二人に指摘される。ヤツらのカッコは、黒のヘビメタTシャツにタオル首に巻いたスタイル。「これで万全だ!」とカジさん言うけど、引っ越しの手伝いみたい。

アリーナ周辺にはヘビメタTシャツ来たヤツがいるいる。入場すると、カジさんがもう軽くヘドバンしてる。会場に入るやデカイ音と熱気!ワンドリンクが必須なんで生ビールで乾杯してスタンド席へ。スピリチュアルなんとかがやってて、オレはもうウキウキしてるんだが、二人は冷静。会場の下見と言った風情。

お目当てのバンドの前に腹ごしらえ。カジさんがすげえ早く焼きそば喰うんで、アセってナン・ドックほおばる。モグモグしながら会場入り。今までのヤツあ前座だ、と言わんばかりに二人は聴く耳持たない。「体力を温存する」とか言って、地ベタに座り込んでる。大勢の観客の足元で、坊主頭の大男がアグラかいてじっとしてる姿はまるで修行僧。嵐の前の不気味さだ…。

よく知らないオレでも、前のバンドはイマイチだった。修行僧はバンド仲間を見つけると、アングラがまだステージの上にいるのに「MOTOR HEAD! MOTOR HEAD!!」と騒ぎ始める。おいおい…。ステージが始まる直前、坊主は「オレを見失うなよ!」と一言。え?なんだよ、それ?。そう思った瞬間、背後からデカイ波が押し寄せてきた。「レミ〜ッ!」と絶叫が飛び交い、大波は前後左右から押し寄せる!大揺れの人波が異常な熱波と強烈な汗でぶつかり食い込んでくる。やべえ!さらに、ウワサに聞くモッシュが真横で始まりやがった!じゃれてる、とはとても思えない勢いでぶつかりあってるじゃんか〜〜!

大波の中で右グツが持ってかれる。やべ〜。踊り狂う外人三人組の向こうに靴発見!「ソ〜リ〜!」と絶叫してケリ入れるみたいに足出して引き寄せる。モッシュやりたいんじゃねーぞ。三曲目ぐらいでホントに命の危険を感じ、後方へ逃れた。ひえ〜!

後方で一息つくと、観客もちょっとこなれたカンジ。オレもこのまま大人しくしてるのは不本意だ。そこへ、上半身ハダカのモヒカン男達がスウ〜っと前方に行進してゆく。あ、こりゃなんか始まる!おっかなびっくり後追うと完全に取り憑かれてるカジさんが激しくヘドバンしながら前方に行進してる。再び激しく波がうねり、モッシュが渦巻きだす。面白そうだから合流してハイタッチしながらぐるぐる回る。息が切れる〜。

怒濤のモーターヘッドが終わるとカジさん行方不明。生きてんのか?オジーが始まる頃にギーといるところを発見、合流。するもステージ始まるとまた見失う。盛り上がってるけどモタヘよりは穏やか。すっかり腹出た還暦過ぎのオジーを「ジジイ〜」なんて叫んでる輩もいたが、みんな合唱。オジーのこと好きなんだねえ。最後は最前列近くまで行ってオジーの水ぶっかけ受ける。どかどか人が降ってきて、何度もメガネ飛ばされる。よかった〜、ヒモ付けといて。あったかいカンジのするステージのオジーが、今日の主役か。

怒濤のライブでモさんとオレは着替えのTシャツがどっかいっちまった。アリーナ出たとこで再会したカジさんはかけてたメガネがなくなっていた。ギーのロック友と飲んで、モさんのバンド仲間んとこ合流して、最後にマッチで〆。飲んだ〜。翌日は全身筋肉通だったぜよ。今度こそ上に乗っかって最前列までいってやる。
[PR]
by match_boxes | 2010-10-20 14:51 | 日記 | Comments(3)

フリマの神様

 朝から花火の音がけたたましい。そーいや、銀座通りでフリマやってんだな。最近のフリマはいいものが見つからなくなった(自分にとってネ)。造りの良いものが不用品としてゴミ同然に扱われてるのを救うのがダイゴ味なんだが、今はもともとチャチい品しか流通してないから、ゴミしか並んでいない。でも、自分のために用意されたんじゃないか?と思うような品に出会うと、天の配剤を感じる。
f0171518_10453182.jpg
 ま、みやげに、とプラレールのジャンク。二個100円。モーターだって50円じゃ買えないよ。ダブルルーフの市電も、よく見たら西ドイツ製!目利きあんのかな、オレ。
 そして、わずかに並べられたレコード発見。ブレッドのアルバムを常連が最近手に入れたのを羨ましく思ってたが、意外なところからオレの元にやってきた。ああ、神様!
穏やかな秋の日に聴くには、良いアルバムだ。
[PR]
by match_boxes | 2010-10-17 11:17 | 日記 | Comments(0)

初の試み

「写真展の準備ができたのでよろしく」と猫男からメール。やってみれば?と言っといたが、いざ展示するとなるとな〜んにも用意していない。ケースを模造紙でフタして学芸会然とした展示スペース急拵え。

「個展というにはお粗末」「作品を大事にしろ!」とキビシい意見続出。でも、それは批判ではなくて助言。面白いのは、写真を掲げただけなのに、見た人が熱く意見すること。それだけインパクトがあるってことか。

作品の展示というのは初めての試み。稚拙な感は否めないが、やってみたことは大きい。来店時から自らをカメラマンと称し、そのスタイルを貫いている猫男ならなおさらだ。機材や腕があっても、このカタチにすることは稀だろう。芳名録も用意してあるので、容赦ない意見をヨロシク。猫男にとって、最高の宝物になるだろう。
f0171518_0235693.jpg

[PR]
by match_boxes | 2010-10-17 01:04 | 日記 | Comments(5)

懐かしい顔

早番静か。でも金曜は油断できない。例によって遅番ぽつぽつやってくる中、「よお!元気?」と懐かしい顔。前の会社でさんざん飲み歩き、食べ歩いたツバさんじゃありませんか!五反田時代、バカでアホのフラメンキンとか恵比寿ラーメンとか、よく行きましたねえ。ココイチの1300gカレーを攻略できなかったのが残念。その後もでき上がった某パパとか、姉さん弟分連れて来たりでワケわかんない盛り上がり。「ウィウィ〜ル・ウイ〜ウィル・ロックユー!」とムサい男どもが肩組んで熱唱。三件目ですっかりノリノリの女性、フレディの物まね大会。それに食らいついて離れないオッサン。だれかコイツを地中深く埋めてしまえ〜!。
[PR]
by match_boxes | 2010-10-16 17:43 | 日記 | Comments(0)

マテーニ・ナイト

木曜。早番お得意のムカゴ持参。週の半ばはこのところ静か。遅番の誰かがマテーニ(敢てマティーニと言わないのは前述のとーり。)オーダーするとそればっかり。マテーニのお代わりは極度に危険を覚えるので、オリーヴ無くなったの理由にオーダーストップするが聞き入れられず。要注意人物がサラッと上がってホッとしたら、モパー乗りに「なってねえ!」と叱責される。ヤバ、マテーニのせいか?。さらに、ダウナーなヤツがいつまでも居残る。お〜い!誰かコイツを地底から引き上げてやれよ〜。
[PR]
by match_boxes | 2010-10-15 10:23 | 日記 | Comments(0)

小箱なバーの毎日