<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ハシゴ

火曜日。肌寒い。ミセス、赤いメガネかけて来店、ビールのおいしい店ガイド本。階段つけるといろいろ大変、厄介な場面をシミュレイト。本職、新プラン逆転の発想。入口扉の兼ね合いと安全性を解決、けど大がかり。こんなかんじ、と空き店舗の残置階段見せたら、「ハシゴでいいんじゃね?」あ!逆転の発想でハシゴかけりゃ、場所も取らず天井に穴開けるだけ。スグにでもできそうだ!気が逸るが来客は少なく早じまい。今夜は冷えるねえ…。
[PR]
by match_boxes | 2011-05-31 23:33 | 日記 | Comments(2)

ブルース講座

月曜日。二階への階段設計本格化。前日の結婚式の写真をみんなで鑑賞。主役はもちろん花嫁と新郎だが、なんかもう一人いる。やもめ同士が「いーよなあ」と溜息。昨日の祝賀ムードの反動か、静かになったので、シャッター50㎝、まさに早じまいって時にブルースマン。不動産屋もやってきてブルース講座始まる。あまりに専門的すぎてわからんのでビール飲みながらプラモ製作。聴くべきブルースマンは、ロバートJr.ロックウッド、ジュニアワトソン、ライトニ―ホプキンス、ヒューバートサムリン、ハウリンウルフ、アールフッカー等だそうです。
[PR]
by match_boxes | 2011-05-31 17:43 | 日記 | Comments(0)

HAPPY WEDDING

 マッチ仲間のカップルが、ゴールインする運びとなりました。結婚式に招待されるのはずいぶん久振り。黒ばかりだったので、白いネクタイは新鮮です。自分はさておき、晴れの日(雨降ってるけど)を楽しませていただきましょう。

 おしゃれな新婦のウエディング姿はひときわ美しく、飄々とクールな新郎も二ヤケ気味。おいしい食事もいただいて、和やかに宴は佳境へ。意外だったのは、お世話になった祖父母への挨拶で、新郎が涙したこと。こちらもつい、もらい泣き。良い家族像が偲ばれます。

 結婚って不思議です。知らなかった人が縁あって一緒になる。知らなかった家系が親族になる。宴で祝うミラクルを眺めながら、縁の不思議を思います。そして、ちっぽけなマッチ箱で知り合ったみんなとこうして祝福できるミラクルにも、縁の不思議を感じます。

 シ&マの名司会で盛り上がった二次会。まさかのマッチでの混沌とした三次会。盛りだくさんのウエディングでしたが、すべては寄せ書きに小さく記された、この言葉に込められています。 
f0171518_23555939.jpg

[PR]
by match_boxes | 2011-05-29 23:56 | 日記 | Comments(8)

独身最後の夜

木、金、と遅番不在、当店の規定に基づき早じまい。やむなし。
土曜日。鯛焼き持って猫男、鯛焼きの中身は生レバーがいいな、好きだから。ってアンタ!初一人マッチです」、と新郎来店。翌日結婚式、を聞いたレコ屋さんコーラ奢って前途を祝す。嫁に合わせて住居転々、手中にハマってない?に「今気づきましたわ」。ペーパークラフト通天閣完成、「通天閣展望台はマッチの4倍くらいしかない、それでも行列トグロ巻いてる」一回いけばもういいや。周辺には、ホームレスの演説に耳傾けるホームレス集団。10円を10円で売ってる。履き古しの靴右だけ、時価。う~ん、まさに新世界。今の悩みはホッピーとノンアルコールビールの違い、なんてストレスフリーな生活。へらへらウォーリー、なんかイライラする。独身最後の夜にデカ南銀の誘い。「日付変わったら婚姻届出しに行きます。」新郎上がったんで当店もエンタケ。
[PR]
by match_boxes | 2011-05-29 01:37 | 日記 | Comments(0)

翌日はお客様の結婚式が控えてますので、早じまいとさせていただきます。
ここんとこ早じまいばっかだな…。
[PR]
by match_boxes | 2011-05-28 09:28 | 雑記 | Comments(1)

オズの魔法使い

水曜日。運動会は今5月、保育園は保育士、幼稚園は先生。勉強したいな、エコ検定。ぬかるんだ曲聴いてサビ男サビ女。男は男気、女は共感力、無意味な相槌、船山上る。台風コワいよ原発直撃、オズの魔法使いみたいにどっかに飛ばしてしまえ。ヒマワリ食べたらハムスター巨大化、ドドドハム太郎。カエルの合唱緊急地震速報みたい。寄付は子供のことを考えてる自治体へ直接。節電休暇公言しちゃってライバル営業、どーすんだよ。日本人の従順さが問われる事態、数十年後に育った子供たちに万が一のことがあったら、黙っちゃいねーぞ!その言葉は放送禁止。別れた夫婦の奇妙な関係。安住の地は虹の彼方。♪Somewhere Over The Rainbow…
[PR]
by match_boxes | 2011-05-26 09:38 | 日記 | Comments(3)

森ガール 森オトコ

火曜日。ローマのお誘い、一緒にジェラート食べるのはちょっとなあ…。捜索願のあの曲まだ見つからず。好きな音楽に焦がれて旅をする。情報過多の今では一曲への思い入れがない。オリーブ、片岡、銀色夏生、私の憧れ森ガール。癒し旅なら海より山。ドイツパン食べては木こりだったのを思い出す森オトコ。メルトダウン、なんで今頃発表?MD=お終いのつもりが慣らされてしまっている。そんなの言ってもキリがない。ヤバいから勉強して判断する。森を見るか木を見るか?真実知ってるのは誰?みんな思いはConstant Craving。
[PR]
by match_boxes | 2011-05-25 02:30 | 日記 | Comments(2)

雨の日と月曜日は

月曜日。小雨が道を濡らす。部隊編成について論じてた早番が引けると客わずか。ハーレーの理想形を見つけた、と亀の子タンク解説。ジョン&パンチの白バイがカッコいい、ってのとハーレーが結びつかなかったが、1967XLHの画像を見て納得。「感謝する」とはどーゆー風の吹き回し?100円が40万の十万馬券出来!若い子では話が合わないんで今時流行りは熟キャバ、ノンコ(NON娘)、としまえん(年増園)の店名は秀逸。水商売の裏事情。雨の日と月曜日、給料日前は静かな夜。
[PR]
by match_boxes | 2011-05-24 12:16 | 日記 | Comments(3)

    空想を疾るスパイダー。
f0171518_1824697.jpg
 昭和通り沿い、上野のほど近くに中古キャラクター玩具の店があった。雑居ビルの三階に、ブチ撒けたようにおもちゃが積んである。そのほとんどが興味のないロボット物だったが、車のジャンクプラモ5個500円を見つけた。フジミのキャスピタ以外は汚いビルトキットなんで、実質キャスピタのみの価格であろう。部品取りにいいやと手に入れたが、かさばる荷物は帰宅ラッシュの東北線では難儀した。

 レベルのポンティアック・バンシ―とコルベット・インディは珍しいんでレストア。キャスピタはきちんと作り、TRケーニッヒのホイルは旧オオタキのアリイのカマロに、GT40のハリブラントは同じくマッハ1にコンバート。テスタとGT40のドンガラはジャンクヤードへ。
 同じ作者のものと思われるビルトキットは室内だけ塗料が雑に塗ってあり、接着剤のハミダシも見苦しい。言っちゃあなんだか、小学生レベル。だが選定された車種はいやに通好みだ。一体どんなヤツが作ったのだろう?

 何年も放ったらかしのGT40を眺めたら、カッコいい。ジャンクパーツを掻き集め、完成させることにする。いい感じのホイルがあったが、タミヤ製故簡単には装着できない。車の模型はタイヤが回ることが絶対条件、と勝手に決めているので思案。ホイル側のピンにプラパイプを接着し、強引にシャフトとした。5本スポークじゃ丸見えだから、大径ディスクを適当に。どうせでっち上げだから、オープン化。ミッドシップの屋根の切り取りはセンスがいる。実際に作られたオープンは相当にブサイクだから、こっちのほうがカッコいい。ヘッドライトは100均スワロフスキーできりっと4灯HID化。

 接着剤で曇ったウインドを磨きながら、以前の持ち主を思う。この手のクルマを好むのはかなりツウだ。少なくともガキではない。ならば、モデル作りに満足ゆかぬ環境だったか?たとえば、患ってしまい満足に外にも出られず、手慰みに作っていたとか…。
 横転して屋根を潰したオーナーは、思い切ってワンオフのオープンとした。軽量化なってヒルクライム用にする。雨を凌ぐ幌もないので、ロードスターじゃなくてスパイダー。でもパワーありすぎるかな。極太のロールバーは必須。これだけ改造するオーナーはロス郊外の金持ちか。走るステージはマルホランド…。空想はますます疾走する。
[PR]
by match_boxes | 2011-05-23 05:57 | いにしえ模型 | Comments(0)

生き方

 日曜日。白ひげハウスにて千夜一夜物語その前夜、公演。ベリーダンスとはなんぞや?とムフフな気分で観覧。いつもの白ひげとは趣違って超満員。クモさん見つけて最後列、踊り手見たさに起立する。アタマの向こうに怪しく踊る女性、衆人に笑み絶やさず。繊細な指先の表現に見入る。「こんな小さなハコでも表現はできる、大きさは関係ないんだ」ナガさんの言葉に真髄を垣間見る。打ち上げでの踊り手は思いのほか小柄で、演じている時の衆目を集める大きさがウソのよう。表現のマジック。

 打ち上げ抜け出して、クモさん行きつけのBAR「K」に連れて行ってもらう。モーリス・マイナー横目に店内へ。閑静な住宅街に想像できないカウンター。穏やかなマスターとご挨拶もそこそこに、飾ってある品々拝見。オールドクロック、OSエンジンの複葉機、手作りの木工品、トールペイント。作り上げた品々を見れば、オーナーの人柄がわかる。ぜんまい式の蓄音機で淡屋紀子「別れのブルース」。マスターがにこやかに操作する。急くことなく、ゆったりと流れる生き方。生き急ぎが空回りしている者には、羨ましくも辿り着けない桃源郷だ。

 いろんなカタチで表現される生き方。触れるたびに深遠で、及ばない。でも片鱗に触れるだけでも風が吹く。いろんなそよ風に吹かれながら、生き方を模索する。
 
[PR]
by match_boxes | 2011-05-23 04:26 | 日記 | Comments(6)

小箱なバーの毎日