アメリカの残像

 今さらではあるが、大瀧詠一の楽曲を聴く機会に恵まれた。シュガーべイブや吉田美奈子はさんざん聴いてたのに、彼らをプロデュースした大瀧自身の作品に触れてこなかった。存在は気になっていたものの、「ロングバケーション」の大ヒットでメジャーになってからでは、今さら、という気分だったのだ。CMソングで糊口をしのいでいた頃の初期の作品をあらためて聴けば、その完成度の高さに驚く。歌詞もテーマもモロ日本なのに曲は完全にロックしている。これをあの当時に作り上げていたのがスゴイ。
 ナイアガラのCDを眺めていたら、小さく「FUSSA TOKYO」の文字。福生、といえば横田基地。米軍基地の周辺にはアメリカ文化が色濃く香る。今よりもっとアメリカだった基地周辺が、当時のアーティストにどう影響を与えたのか興味が湧く。そんな時にこんな企画。
f0171518_940714.jpg
 ブルーインパルスの曲芸飛行でおなじみ入間基地は、第二次大戦後は米軍に接収され、ジョンソン・エア・ベースとなっていた。将校ら幹部はハイドパーク(現稲荷山公園)に、下士官はその周辺のアメリカ村と呼ばれた地域に多く住んでいた。基地返還後は全国から若者が狭山のハウスに移り住む。日本にいながらアメリカを感じさせるこの地域は彼らを刺激し、多くのアーティストを輩出した。1972年に細野晴臣は狭山に、1973年には大瀧が福生へ転居。ここで細野は日本初のハウスレコーディングのアルバムを録った。企画展には大瀧と細野がいた〝はっぴいえんど〟のメンバーが、稲荷山への小路で撮った写真が掲げられている。

 彼らが若き頃過ごした米軍ハウスとはどんなものか。この企画では僅かに残った当時のハウスを公開している。
f0171518_9444719.jpg
これは文化住宅だね。でも間取りは広く、隣家とも余裕がある。昭和48年当時、2DK2.3万、3DK2.8万。広い家、広い庭、セントラルヒーティングによる給湯設備付き。相場より高めでも条件が良かった。
f0171518_9482985.jpg
室内のしつらえは質素。でも板張りの床と出窓はアメリカ人住居らしい。広いバスルームと洋式便器も相当異国を感じるものであっただろう。ここに当時の記録がある。

これはハイドパーク。

 当時、外国といえばアメリカで、アメリカの空気を感じられたのが基地周辺だった。アメリカ文化と、恋と、音楽のこと。狭山という田舎で、それだけを考えてた若者たち。今は世界のあらゆる情報が手元の端末で手に入るけど、そんな楽園はない。
 1973年にはっぴい・えんど解散。細野はハウスレコーディング中に、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆とキャラメル・ママ結成。後にティンパン・アレーとなってニューミュージックの時代になってゆく。再び大瀧が大きく取り上げられるのは80年代に入ってからだ。

 あの頃の匂いがしないか、歩いてみた。ハイドパークは近所の親子が、ジョギングする人がいるどこにでもある公園だった。アメリカ村は宅地造成されてどこにでもある住宅街になっている。街のどこかから、ギターの音色でも流れてこないかと耳を澄ましてみても、なにも聴こえてこなかった。
f0171518_9522226.jpg

[PR]
by match_boxes | 2012-11-26 23:55 | 雑記 | Comments(0)

プアマンズ・ポルシェ、Zの系譜。
f0171518_3285432.jpg
 CR-Z、BRZ。スポーツを標榜するクルマにはZが付くものが多い。なれど、ずばり「Z」といえば、フェアレディZを指すことに異論はあるまい。
 米国の安全基準改定により、それまでのオープンからクローズドボディとなったフェアレディに付けられたのが「Z」のサブネーム。従来の英国的古典オープンスポーツからモノコックのファストバックへの大変身はクルマ好きのみならず、多くの層に好評をもって迎えられ「Z-Car(ズィカー)」の愛称で親しまれた。エンジンこそ鈍重な量産L型直6だが、欧州の高級スポーツにひけをとらない走りとキュートなスタイルで「プアマンズ・ポルシェ」なんて呼ばれた。プアマンズ・ポルシェ。ずいぶんと揶揄されたものだが、安くて早くてカッコいい、はジャパニーズスポーツの得意とするところ。RX-7、スープラ、CR-X、ロードスター。魅力的なプアマンズ・ポルシェがそのあとに続く。

 フェアレディZの中でもとりわけ優美なのがZGだ。Gノーズと呼ばれるエアロパーツを装着されたそれは、他のZとは意匠が異なる。あんチャンが好んで付けそうな下品なオーバーフェンダーも、バンパーともどもガンメタルで独特の渋さを演出。テーマカラーの深いあずき色、マルーンに塗られたZGは、プアマンズを微塵も感じさせない、素晴らしい一台だ。「フェアレディっていい名前だよな」クルマ好きの友人の言葉を思い出す。

 ポルシェのみならず、フェラーリ、ランボ、アストン…、名だたる高級スポーツカーメーカーは大変だ。贅を尽くした誰もが溜息をつくようなスーパーカーをつくらねばならぬ。さもなくば、日本車の十倍ものカネをとっておきながらダサいモノ造ろうものなら、世界中のプアマンからの容赦ない嘲りにさらされることになるからだ。
f0171518_9452593.jpg

[PR]
by match_boxes | 2012-11-20 11:23 | いにしえ模型 | Comments(2)

やめると毒

金曜日(晴):道間違えて入ってきたのはディアブロ、バックしたらクラッチ壊れてレッカー、中古価格1300万購入後三か月で壊れた。もうクリスマス飾り、年の瀬近い。懐かしの大宮展、ことぶきやで買ってもらったおもちゃを思い出す。大宮デンスケはバカボンのパパより年上。ミニカー収集やめると体に毒、とことん迷惑かけなきゃ!?。水が旨い所は酒も米も美味い。代官山蔦屋、創刊号から揃ってる雑誌が圧巻。日本直販破産。葬式ビジネス高いけど必要とする人がいる。ヘリコプター乗りは難聴、戦闘機乗りは虫歯じゃなれない。総インプラントは一千万!大久保彦左衛門の柘植の入れ歯は500両、今の五千万!!。ネコに触発されて自転車通勤。仙台、欅並木があちこちあっていい感じ。
[PR]
by match_boxes | 2012-11-09 23:55 | 日記 | Comments(1)

ヴァンゲリス

木曜日(晴):懐かしの大宮展。ジャケ買いのヴァンゲリス持ってK子ちゃん。初期のプログレで印象が固まらぬよう、お気に入りのブレードランナーのサントラ聴かせたら「迎合してる」と一蹴。シンセ流れでその後は富田勲。朝まで作ってた楽譜袋を披露。「アタシのイメージのカクテル作って」はバーではダメ作法。誰かと話をすると憑き物が落ちる。「世の中厳しいなあ」「お前が甘い」。金魚もグッピーもブクブク必要、グッピーのエサは卵の黄身、すり潰してあげる。フレッシャ―はいいギター。オヤジさんのけん玉特訓「「けん玉のベストキッド」、オレは大宮のダイナマイトガイだぞ。この元気さはバブルじゃない、高度成長期のノリ。
[PR]
by match_boxes | 2012-11-08 23:55 | 日記 | Comments(0)

富士山

水曜日(晴):ウイスキー50年前はオールド、白、レッドくらい。環八、七、六はわかるが、五四三二一はわからない。おでんでご飯食べられる人は関西人。コロは関西、ちくわ麩関東。味噌煮込みうどん…名古屋名物は塩辛い。ハロウィンでオバマのお面がロムニーのより売れた、選挙結果も当たる。 キャンギャルの気を引くために馬の着ぐるみ、NACK5で気を引くためにその場で頭を剃る。 富士山の火口をぐるり巡る「お鉢巡り」。須走はスコリアを滑りおりる、転んだらオシマイ。御来光拝観者用に山小屋が多数。某隣国人が我が国土の山を購入している、山は水、電気なくても水を牛耳られちゃオシマイ。 サッカー監督、選手にセンサー付けて脈拍をリアル観測、コワい。ゴミ拾いじゃなく雪かきやれよ地元サッカーチーム!。
f0171518_0252086.jpg
お、富士山ナンバー。初めて見た。
[PR]
by match_boxes | 2012-11-07 23:14 | 日記 | Comments(0)

レインボー

火曜日(雨のち曇):もうコートを出してもいい頃。ミネラル塩まぶし銀杏美味い、愛情?「いえ、電子レンジです」。都市計画、立案から竣工まで最低20年、大きい計画50年。選挙ポスター、人件費まで含めると一枚1000円!広く浅く浄財を集める。総理がコロコロ変わると経済は沈む。葬儀場で落語、お年寄りの生前予約。前座は小遣いもらい、二つ目は自分で稼がなきゃならんのでレポーター兼務。噺家は家では無口。小さんは剣道の達人。上野13番ホーム男子トイレに覗き防止衝立が付いた!ガードマンもいる!。その手のひとを歓迎する虹色フラッグ。ワケを知らずに安衣料品店のレインボー柄ジャンパーで植木の手入れしてるオヤジ。「この店どーせ女子来ないんだから、レインボーフラッグ掲げりゃ客増えるぞ」。そういやアイツもコイツもあの人もそのテの人に見えるな…。
[PR]
by match_boxes | 2012-11-06 23:55 | 日記 | Comments(0)

月曜日(曇のち雨):年寄りの口癖「キモチはカタチ」。ビリヤードよりダーツのほうが賞金高い、転向するもの多し。飲み屋を渡り歩くバーホッパー、パトロールじゃカッコ悪い。万里の長城で邦人遭難、アイツか?。人の気をもらったり当てたりするのはよくない、気孔もダメ。ヒトの気が付くと運が無くなる、ヤバいっすよ、ってホント?。自作電球ソケット、専門家に尋ねるも酔っぱらっててホントのこと言ってるかワカラナイ。いっぱいのウソの中に真実がある。狭い焼き鳥屋は酔う、酸欠か一酸化炭素中毒?。レンタルビデオ屋は客の嗜好を知ってる。酔っ払いのアイツらの小競り合いはクワガタのケンカみたいなもの。あの店名はブラック№1だから。
[PR]
by match_boxes | 2012-11-05 23:55 | 日記 | Comments(0)

比較

ムダを覚悟の二台持ち。遊び車と実用車、スポーツカーとSUV、といった目的別にそろえるのがまっとうだが、なぜか平べったい2ドアクーペ二台。全長が200ミリほど違う他は、寸法、車重、パワーはほぼ同じ。なんで同じようなのを、と思われるかもしれないが、自分的には全然違う。こなたホンダ自慢のVTEC横置きFF、そなたスバル伝統の水平対向縦置きFR、ぜんっぜんちがう。
f0171518_9554641.jpg
20年落ちホンダの水平基調デザインに対し、スバルはマッシブなタテ流れ。FFながらダブルウィッシュボーンのホンダはサスを低く抑えられるのでボンネットが低い。FFなのに低ボンネットは歴代プレの特徴であり、エンジンを傾斜してまで実現している。スバルは部品の多くをインプレッサと共用することで成り立っている。ストラット故、縦置きながらホンダより低く抑えたボンネットからグワンとコブのように隆起して収めている。スマートなホンダと筋骨隆々なスバル。構造の違いがデザインの方向性を決めていて興味深い。
[PR]
by match_boxes | 2012-11-04 23:55 | 自動車部 | Comments(1)

恋愛講座

土曜日(晴):元、明治天皇誕生日、歴代天皇のを全て採用すれば年間500日休日。憲法発布の日でもあり。100均のお風呂保温シートは効果大。アンチ巨人、スリーランに大喜び。陶器は欠けやすい、磁器は丈夫、磁器はガラスの塊みたいなもの。巨人4-3、ムカついてきた。皆で野球中継聴きながらヤキトリ缶とホッピー、三丁目の夕日の世界。お寿司大好き、最後の晩餐は絶対スシ。オレの好きな寿司屋のオヤジは年配だから、オレの晩餐には間に合わない…。不整脈にはアーモンドとくるみ、ナッツ依存症。肉摂ると攻撃的、野菜摂るとおおらか。「愛の理論で結婚すると必ず別れる。求める愛は利己だから相手とはうまくいかない。~だから好き、は無理」坦々と語る恋愛論。
[PR]
by match_boxes | 2012-11-03 23:55 | 日記 | Comments(0)

オフコース

金曜日(晴):年賀状書き始め、誰まで出すか?人の心を掴むのは手紙。デートは今やワリカン、コンビニで弁当買って彼氏の部屋で過ごす。みんなで集まっても銘々ケータイ、ゲーム。子供に食事中TV見せないのが信念、居間にTVは思考能力低下させる。子供が集める高価なカード、ケシカラン!でも大人もはずれ馬券いっぱい買ってるからなあ。日本語を大事にするなら歌謡曲。クラシックで食えないからJAZZに転向してもダメ、指動いてもスピリットまで引けない。プロが認めるプロがいる、マスコミで騒いでるから一流、ではない。カバー曲には忠臣蔵型と金八型がある、前者は誰がやってもウケる曲、後者は「武田はどうも…」と演者に左右される曲。意外に知ってるオフコース、「僕の贈り物」をハモる。オフコース聴きながら太宰読んでたら今いない。こら、酔って引っ叩いちゃだめだ。
[PR]
by match_boxes | 2012-11-02 23:55 | 日記 | Comments(0)

小箱なバーの毎日