<   2014年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

10年。
倉庫からガラクタを放り出して自販機を撤去して扉を開放したあの日。あの日から10年である。感慨深い、ということもなく「あ、こんなもんか」というのが実感。10年を軽く往なそうとしているフシがある。

いや、10年という現実がコワいのだ。たまたま家業が酒を取り扱っていたから、それをマッチ箱みたいな場所で注いでいたら、こんなに長い時間が経ってしまった。その間にいろんな人がやってきていろんな話をしてゆく。この小さな場所で人の生き様がチョット垣間見える。そのチョットが染みこんで生活に滲んでいたりする。マッチ箱の中の人生。その現実を往なしたいのだ。

人と人とを繋ぐ。それをマッチ箱が手伝ったなら顛末がどうあれ、10年の歳月も意味があったのかも知れぬ。しかし、このままいつまでも、とはいかない。これからのためにもちょっと染み抜きが必要な気がしている。

マッチへお越しになったみなさま、ことしはたいへんお世話になりました。
来年もご愛顧のほどよろしくお願いします。
 そして、まだ見ぬMatchBoxへのあたらしいお客様。
どんな方が登場するか、みんなココロ待ちにしております。 2014.12.31. MatchBox.

f0171518_229567.jpg

[PR]
by match_boxes | 2014-12-31 23:55 | 日記 | Comments(2)

いやに霧が濃い夜だった。駐車場を管理している不動産屋から一本の電話。「お宅のクルマのランプが点きっぱなしだよ」。そんな馬鹿な。その車を止めてあるのは自宅からチョイ離れた場所。故に駐車した後は灯火類の消し忘れ、戸締りを指差し確認してから離れる習慣なので、消し忘れはありえない。ほかの人の車では?と疑るが「平べったい車だよ」というからプレリュードに違いない。
f0171518_16113466.jpg
半信半疑で駐車場へ向かう。プレがいる辺りを遠目に見てもランプは点いていない。やっぱり消し忘れてないじゃん、と車に近づくと、なぜかブレーキランプだけが煌々と灯っている。日が落ちて人気のない住宅街。誰もいないはずなのに愛車のテールランプが濃い霧を真っ赤に染めている。…気味が悪い。

ブレーキランプは輝度が高く消費電力が大きい。バッテリーは上がり気味だったがエンジンはかかった。最後に乗ってから数日経つので点灯しっぱなしだったとは考えにくい。それにしてもなぜブレーキランプだけが?とりあえずバッテリー端子からコードを外して対処する。

こんな事例はあるのかとググってみると、意外やよくあるトラブルらしい。ブレーキペダルを踏むことによってペダルの付け根にあるスイッチが押されてランプが点灯する仕組みだが、それを押すパーツが樹脂製だと経年変化で破損、つきっぱになるらしい。みればフロアカーペットには砕けた樹脂片が散らばっている。行きつけの修理工場に事情説明して部品を取り寄せてもらう。
f0171518_1612216.jpg
二十年越えの大古車のパーツはあるのかな、と不安だったがすぐ入荷。重要部品だけに共用パーツなのかもしれない。工場に持ってきてくれ、といわれてもブレーキランプ点けっ放しでは整備不良だし、何より追突がコワい。工場はさほど遠くないがこんな注意書きを掲げて移動する。下手な字だなあ。
f0171518_1613677.jpg
バッテリーは上がり気味でエンストは絶対できない。パーツを装着する際、エンジン切ろうか迷ったが「すぐに直ります」とメカは潜り込んであっけなく解決。代金もジュース代くらいで収まった。古い車に乗り続けていると、思いもよらぬことが起きるものだなあ。
[PR]
by match_boxes | 2014-12-22 22:55 | 自動車部 | Comments(0)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31