フランス窓便り77

別冊カーグラフィック・世界のトラック/バス’80-’81は衝撃的な刊行物でした。「現実に日本で買える物ではないが、欧米のコマーシャルカーの世界で今何が起こっているかを知ることにある」。網羅された世界の商用車は初めて知るメーカーが多く、機能とデザインが合理的に融合した自動車に目を見張りました。とりわけヨーロッパは国境を越えるバス旅行が盛んであり、贅を尽くした美しいバスに心奪われたものです。
 

宿の前に停車していた観光バス。
f0171518_10422216.jpg
メーカーを確認するのを忘れてしまいました。

f0171518_1043594.jpg
スカーニア(スウェーデン)のバス。芋虫みたいな顔がオモシロい。かつては合併してサーブスカニアと名乗っていましたが、サーブ無きいまどうなっているのでしょう。

オペラ座の前に停車していたバス。これもメーカー不詳。
f0171518_10441624.jpg
観光バスをシックな色でまとめるセンスが素晴らしい。
f0171518_17444446.jpg
エッフェル塔を想起させる赤いアクセントが洒落ています。

世界のトラック/バスのなかで、イタリアで活躍中の日本人工業デザイナー細江勲夫氏の寄稿文がありました。海外の第一線で働く工業デザイナーの存在にも驚きましたが、プロの視点からの工業デザインの考え方にもいたく感服しました。氏のデザインしたオルランディ社のメテオ―ルとスパッツィオは今見ても十分美しい。ですが、この文章が当初掲載されたのが建築雑誌だったところが、日本の商用車デザインの立ち位置だったのでしょう。

美しいグラフィックのバス。
f0171518_10492434.jpg
ドイツのネオプラン社製。スペースライナーの衝撃からすると大人しい。
f0171518_10501216.jpg
それでもヘッドライト八連装は日本には無い感覚。大胆です。
f0171518_17481781.jpg
ネオプラン社のバスは、浅草ー上野間をスカイライナーが、東京ーつくば間をメガライナーが運行されていたと記憶しています。メガライナーについては在籍する4車両のうち2車両が火災事故を起こして全社除籍となってしまいました。一度乗ってみたかったのですが。

世界のトラック/バスはコマーシャルカーを知る素晴らしい刊行物でしたが、続編はついに発行されませんでした。興味の対象として捉える需要が無かったのでしょう。商用車の今を知るよすがは残念ながらいまだ見つからないでいます。
[PR]
by match_boxes | 2015-02-18 12:00 | 雑記 | Comments(0)

フランス窓便り76

またガルニエ駅からパリ中心部へ向かいます。
f0171518_12364247.jpg
とりあえずオペラ駅まで三人で移動。三号線で一本
f0171518_12375517.jpg
地上へ降り立つとそこは映画のような古い街並み。
f0171518_12393645.jpg
振り返ればかの有名なオペラ・ガルニエ。
f0171518_12405819.jpg
ナポレオン三世の命で計画され当時無名の建築家だったシャルル・ガルニエの案が採用。構想から13年、1975年に完成。ネオ・バロック様式の外観に大理石の階段、宮殿のようなグラン・フォワイエ、オペラとバレエがモチーフのシャガール作の天井画「夢の花束」など、圧倒的な豪華さを誇る。(ガイドブック丸写し)
[PR]
by match_boxes | 2015-02-15 12:00 | 雑記 | Comments(0)

フランス窓便り75

二日目の朝です。
f0171518_137517.jpg
朝食のメニューは変わりませんがガッツリいきます。
f0171518_1384756.jpg
食後にバルコニーで一服。通勤時間帯なのでバスからガリエニ駅に向かう人がいます。
f0171518_1395427.jpg
ホテルの脇を通る環状線も車がたくさん通過します。プジョー407クーペ。オーバーハングの長いFF2ドアのカタチ。
f0171518_1322694.jpg
自分はピニンファリナデザインの406クーペのほうが好きかな。
[PR]
by match_boxes | 2015-02-11 12:00 | 雑記 | Comments(0)

フランス窓便り74

カフェ、ではないな。レストランだな。
f0171518_19115296.jpg
タンドリーチキンが得意料理か。
f0171518_19121630.jpg
でも、宿での宴会のつまみはピザにしました。
f0171518_19123832.jpg
パリ最初の夜は部屋で宴会です。
[PR]
by match_boxes | 2015-02-07 12:00 | 雑記 | Comments(0)

フランス窓便り73

お、メイドインジャパンのバイクだ。
f0171518_1993439.jpg
見覚えのある音叉のマーク。ヤマハのなんてバイク?
f0171518_1995246.jpg
マフラーには日の丸が。ちょっと誇らしい。日本のことこう綴るのね。
f0171518_1910975.jpg
その隣にはプジョーのモペッド。こんなので街巡りしたい。
[PR]
by match_boxes | 2015-02-06 12:00 | 雑記 | Comments(0)

フランス窓便り72

観光地でもないパリ郊外をぶらつく東洋人のオッサン。
f0171518_1953447.jpg
初日❢を銘々楽しんだのでパブで一杯。
f0171518_196122.jpg
でも店主はチャイニーズでパリに来た気がしなーい。
f0171518_1961830.jpg
地元のヒトしか来ない店でミネラルウォーターを購入。
[PR]
by match_boxes | 2015-02-05 12:00 | 雑記 | Comments(0)

フランス窓便り71

お❢出ました❢ランドローバーのオールドタイマー❢
f0171518_1256151.jpg
この顔はSr2。1964年からの生産ですから、ワタシとほぼ同い年ですね。ヤレた感じがいい味出してます。
f0171518_1256239.jpg
お気に入りのマッチボックスにもありましたからこの顔は好きですね。タミヤのピンクパンサーでも改造しよっかな。
f0171518_12565080.jpg
いや、パネル構成が平面的だから1/24スクラッチもできるかも。パリまで来ても模型的見地は抜けませんねえ。
[PR]
by match_boxes | 2015-02-04 12:00 | 雑記 | Comments(0)

f0171518_1422237.jpg
2シーターの上げ底を5シーターの上げ底に交換。ポップレッド塗色にはシートが専用タータンチェック柄となるのを再現。気の遠くなるようなマスキング。

やっと完成トヨタターセル3ドア1500S特別仕様車。
f0171518_14263936.jpg
f0171518_14301268.jpg
サイドのHAVE A NICEDAYが長閑な時代を思わせる。
f0171518_14323231.jpg
f0171518_1433299.jpg
ターセルはトヨタ初のFF市販車。地味ながらその存在は意義がある。
f0171518_14572350.jpg
トヨタの記念碑的なターセル。カタチにできた喜びは大きい。





[PR]
by match_boxes | 2015-02-03 12:00 | 工作劇場 | Comments(0)

f0171518_14124625.jpg
パテ埋めしてホイルアーチを整形。サイドモールも接着。丸みを帯びたフロントウインド上端も修正。プレスラインを表現できるかなァ。
f0171518_14133493.jpg
シャシをジャンクから調達。モールドがFRだが気にしない。当時モノの社外アルミを履かせる。
f0171518_1414351.jpg
サフェーサー吹いて研ぎ出し。マッドフラップも装着。
f0171518_14143211.jpg
特別仕様車のポップレッド+ブラックを再現。
f0171518_1416241.jpg
マスキングしてブラック塗装。





[PR]
by match_boxes | 2015-02-02 12:00 | 工作劇場 | Comments(0)

モデル化されるのは人気のある車が多いのだが、たまに「なぜこんなのを?」と首をかしげるのを取り上げたものがある。そうした模型は長く棚でホコリをかぶっているのだが、なぜかそんなのを作ってみたくなる。
f0171518_1404552.jpg
今回は今は無きイマイのトヨタターセル。なんとも地味なクルマだがそれを4WD化するとは無茶な。いったいどんな内容だ?
f0171518_1424354.jpg
手に入れたジャンク品を仮組。なんだこりゃ❢これは子供向けの遊べるプラモとして企画されたのだろうが、車種がマイナーすぎる。模型化にあたり、従業員のマイカーを参考にしたのではなかろうか?
f0171518_1433243.jpg
スケールモデルとして成立させるため弄ることにする。まずはラッセル車みたいなフロントスポイラーを切断。おや?これだけで意外とマトモに見えてきた。
f0171518_144443.jpg
いやいやこのオーバーフェンダーもなんとかしないと。強引にプラ板を接着してホイルアーチのベースとする。
f0171518_1443449.jpg
元のホイルアーチをケガいてオーバーフェンダーを削り落とす。





[PR]
by match_boxes | 2015-02-01 12:00 | 工作劇場 | Comments(0)

小箱なバーの毎日