フランス窓便り80

クリニャンクールへの道すがら撮り溜めたクルマたち。
f0171518_0411578.jpg
ラーダのオールドタイマー。どこかで見たことあると思ったらフィアット124のライセンス生産でした。
f0171518_0415627.jpg
異国の地で逞しく働くランクル。
f0171518_0421670.jpg
ランティス。4ドアクーペの呼称が納得できない。海外で人気があったので日本で販売終了しても実は生産していたらしい。
f0171518_0424384.jpg
2CVのバン。パリで2CVは見かけなくなっていたがバンはもっと珍しい。初期グリルから50年代のものだがとてもキレイ。レストアされているのだろう。欲しい。
f0171518_043039.jpg
ミニにトランク付けたライレー・エルフ。日本じゃまずお目にかかれないのが見ることができて楽しい。初代ミニカを思い出す。
f0171518_0443843.jpg
スマート・ロードスター。いっときホントに乗ろうかと思った。カッコいい。
f0171518_0451419.jpg
名も知らない作業車。軽トラと同じくらいのが海外にもあるんだ。超ショートWBがミゼット並みの小回りしそう。グッドデザイン。
f0171518_0454257.jpg
配達スクーターもなんかカッコいい。ボックスがデカいのは日本と基準が違うからか?
f0171518_0461793.jpg
最終型セリカ。トンガッたデザインは異国でも埋もれない。
[PR]
by match_boxes | 2015-05-19 12:00 | フランス窓便り | Comments(0)

Be a driver

新型ロードスターがディーラーに展示されていたので見学。
f0171518_16471389.jpg
パッと見、車幅に対して全長が短く、真四角みたいな印象。大きいんだか小さいんだか錯覚するカタチだ。見る角度によっては寸詰まりにも見える。
f0171518_16483417.jpg
ダウンサイジングしたとはいえ普通車だ。S660とは比べ物にならないほどゆったりしている。後退した低いシートで足をグーっとのばす着座姿勢は2シーターゆえのゼイタクなポジション。どっぷりとフロに浸かったような囲まれ感とスカーンと抜けた頭上は気持ちよさそうだ。
f0171518_165241.jpg
斜め後ろから見る姿は本当にカッコいい。これぞオープンスポーツカー。走らせなくても、眺めているだけでココロが浮き立つ。
f0171518_16564912.jpg
諸元を見て驚いた。ベースモデルが1tを切っている!そしてエンジン出力が131PSと予想より低い!。これは25年前の初代とほぼ同じだ。時代の要件がこれだけ変わっているのに本質がブレていない。いったいどんな走りを見せるのか?乗ってみたいなあ。





[PR]
by match_boxes | 2015-05-16 16:55 | 自動車部 | Comments(2)

フランス窓便り79

パリではこの小さな車を見かけます。
f0171518_022868.jpg
こんなふうにあちこちで駐車しています。
f0171518_0225528.jpg
電気自動車のカーシェアリングです。
f0171518_0232257.jpg
お、フェラーリでおなじみのカロッツェリア、ピニンファリーナのデザインですね。



.

[PR]
by match_boxes | 2015-05-13 14:00 | フランス窓便り | Comments(0)

フランス窓便り78

せっかくパリに来たのだから、普段やらないことをします。
f0171518_23423434.jpg
とりあえずカフェへ。
f0171518_23463237.jpg
カフェでひと休みしながら絵葉書を書きます。素敵じゃないですか。
f0171518_23503227.jpg
カフェの給仕に教わった郵便局へ行きます。切手買うのもドキドキ。郵便は日本は赤ですが、パリは黄色。郵便車も黄色。ツバメのマークが目印。

ポストが分からなかったので、通りがかりの年配女性に尋ねて礼を言ったら、「どういたしまして」の返答。日本に滞在したことがあるとのこと。いろいろ東洋人がいる中、日本人と分かるのは、尋ねる態度が下手で控えめだからだそうです。



.

[PR]
by match_boxes | 2015-05-13 12:00 | フランス窓便り | Comments(0)

S660

ホンダが軽スポーツを発表したので見に行く。結構気合が入ってるらしいじゃないの。
f0171518_974640.jpg
軽スポーツではコペンがライバル視されているが、あちらはあまりに醜いので見る気も起らん。モデルチェンジして初代の良さがわかる。だいたい、パネルを交換して着せ替えができるなんて、自信が無いからだろ。あれに乗ってる人見ると「やっちゃったな~」って思ってしまう。
f0171518_981616.jpg
じゃ、S660はどーよ?小っちゃ❢❢というのは仕方ないが、スポーツカーという主張はプンプンしてる。軽の規格内ではかなり頑張ったんじゃないだろうか
f0171518_953219.jpg
室内が狭いのは想像できたが、ドラポジはちゃんとしてる。足元は奥まで伸ばせる(ミッドシップの恩恵か)し、両脇も窮屈な感じはしない。運転席に関して軽のガマンは無い。その分シワ寄せが助手席にいったようで「座席が小さいのか?」と思うほど窮屈だし足元も奥行きが無いからなんだか体育座りしてるカンジ。完全なドライバーズカーだ。
f0171518_984638.jpg
試乗の承諾を得る。見るからにスポーツカーなんで期待が膨らむ。が、小さいカバンを置こうとしたらスぺースが無い!まったく!。助手席で体育座りしている営業マンが「お持ちします」と言って膝に置いた。う~ん、いいのか?これで。
気を取り直してエンジン始動。「後ろの窓を開けるとミッドシップのエンジンの音が聴こえます」というので全開にしてスタートボタンを押す。あれ?軽だ。それも、軽トラみたいだぞ?。スーパーカーのカッコしてるのにエンジン音がしょぼい。一気に気分が下がる…。

乗り味は軽を感じさせない。どっしりしてるし乗り心地はBRZよりいいくらいだ。下道なら車の流れにも十分乗れる。しかし、軽トラ然としたエンジンに気分を削がれる。「プシュ~プシュ~」と背中でブローオフバルブの音がしても、かえってコッパズカシイ気分になる。信号待ちではアイドリングストップ。時代の要請とはいえ、イヤなんだよねえこれ。エンストしたみたいで(実際エンストだが)ドキッとするのよ、MT乗りは。

S660はちゃんとした車だ。だがエンジンにイロケがない、なさすぎる。成り立ちからして速さは期待しちゃいないが雰囲気作りはできるはず。アフターパーツでの対応を前提としてるのかもしれんが、200万もするんだぞ!見た目を裏切らない演出をしてほしい。それと、室内スペースの工夫が足りない。「荷物を積むクルマじゃない」というかもしれんが、手荷物くらいは誰でも持つだろう。バイクみたいなクルマといったって、クルマだろ?バイクよりぜんぜんデカいんだよ。軽なんだから大目に見ろというのなら、軽規格で作る意味を問いたい。

そもそも、スポーツ車は実用車ではない。そうとうに趣味的な、道楽の極みだ。スポーツ車にワザワザ乗る人間はそれをわかっている。それをわかっちゃいないのが製造元ではないか。だから軽規格にこだわったり、手に負えない高性能に走ったりするのではないか。本当に欲しいのは丁度良いサイズ。高性能に依らない節度。長く自動車大国として君臨しながらなぜこれくらいできないのか(いや、一つだけわかってるのがあるけど)。

理想のスポーツカーがある。いまから30年も前のコンセプトカーだ。1300cc、DOHC16バルブ、車重720kg、そしてミドシップ。これを息長く作り続けてくれていたなら、と思う。クルマ好きの人生が変わっていたかもしれないのだ。マジで。
f0171518_9594892.jpg

[PR]
by match_boxes | 2015-05-11 12:00 | 自動車部 | Comments(0)

こんなふうに完成。
f0171518_09427.jpg
なぜかパレードカーになってしまった。観音開きのドアはRX8の先をいっている。
f0171518_013162.jpg
インパラホイルのテールライトはスワロフスキーでキラキラに。アンテナも意味もなく二本立て。
f0171518_014114.jpg
ホワイトリボンでますます用途不明に。堂々としているがセンチュリーと並んだら三周りは小さいはず。パレードでお相撲さんでも乗ったらトルクの無いREで低速走行はキツイだろうなあ。
f0171518_2331314.jpg
欠品のライトもキラキラのスワロフスキー。有事の為に赤色灯も完備。スポーツカーがベースなだけに、いざという時に本領を発揮するか?世界でただ一つの、自分だけの模型。





[PR]
by match_boxes | 2015-05-10 12:00 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

思い立ったら早速作業開始
f0171518_2352417.jpg
したとたんに断裂。まずは修整から始めなければならない。
f0171518_238854.jpg
修整しているつもりがAピラーのルーフがもげた。なにやってんだ
f0171518_2385024.jpg
そんなことでメげてたら完成しない。臆せず他を修整。モールやサイドシルで歪みを誤魔化す。仮に履いた年代物の工作タイヤが意外に似合う。
f0171518_23111931.jpg
カンパニョーロのホイルは貴重なんで他で使うことにして、レジンで複製。ヌケが今一つでだいぶ違う印象になってしまった。
f0171518_23121759.jpg
ルーフ欠品のままサフを吹く。
f0171518_015282.jpg
ボディカラーはブラックメタル。内装はレッドと安キャバレー趣味。軽快なクルーザーとは程遠い姿に。
[PR]
by match_boxes | 2015-05-09 12:00 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

なんで模型が好きなんだろう?いまさらなにを、だがこうも長く作り続けていると宿命みたいなものがあるんじゃないかと勘繰りたくもなる。模型屋に行けば膨大なキットと周辺材料が揃っているが、身の回りに模型を作っている、というヒトに出会ったことが無い。模型を作っていると「オタクだね」とか言われてしまう。スポーツやってます、音楽やってます、趣味は読書、とか言うと人並みにマトモな評価を得られるが、プラモデル作ってますと言うのがなにか気恥ずかしい。もはや工芸品の域に達する作例があっても、「コドモのおもちゃ」で片付けられてしまうのが一般の評価ではないか?まあ、好きなんだからいいけどさ。

長く模型作りをしていると、キットは素材と考えるようになる。この素材をどんなふうに仕上げるか、というのがオモシロいのだ。故にあれこれ検討想像するのだがキットは手つかずのままになり、在庫は増えるばかりだ。
そんな調子だから、制作途中でほったらかしたジャンクもたくさんある。なかには無茶な改造をして挫折した物も数多い。もともとメンドクサイのにさらにメンドクサイことしようってんだから、もはや常人には理解しがたい執念だ。その残滓をここに披露しよう。

f0171518_22543224.jpg
これは30年近く前に改造して挫折したニチモのコスモ。なにを思ったかリムジンにしようとしたのだ。こんな小さなスポーツカーをリモにしようと考えるあたりが分かっちゃいない。
f0171518_22552876.jpg
ストレッチするのにキット二個使うなんて贅沢はしない。プラ板張り合わせだからボディが歪んでいる。カラーは50年代アメ車を意識。4座の快速クルーザーをイメージしたが野暮ったい出来だ。屋根があったらカッコ悪そう。
f0171518_22574155.jpg
思いついたら執念でカタチにする。元のテールランプも噴射口みたいだったが、さらに大径の噴射口にする。実はグンゼの1/32インパラのホイルキャップだ。
f0171518_22563037.jpg
フレームはなんとランナー。カタチにしたい執念がテクのはるか先を行っている。その思いを完遂すべく手を入れる。
[PR]
by match_boxes | 2015-05-08 12:00 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

小箱なバーの毎日