結局、こんなんなりました。コスモスポーツ・シューティングブレーク。
f0171518_1645018.jpg
…カッコいいかといえば、それほどでも…
f0171518_1663279.jpg
まあ、ちょっとした小旅行もできる遊びグルマとしてイケるのではないだろうか。
f0171518_1672483.jpg
f0171518_1681873.jpg
実車でこれをやる人はいないでしょうね。変わったコスモだな、と笑ってください。


ここで、自分が思うシューティングブレークをいくつか挙げておきます。
f0171518_16254102.jpeg
f0171518_16262993.jpeg
f0171518_16284415.jpeg
f0171518_16291962.jpeg
f0171518_16300263.jpeg
f0171518_16314303.jpeg
f0171518_16344311.jpeg
かように、シューティングブレークとは2ドアクーペから派生したパーソナルなクルマであり、4ドアセダンベースではどうスタイリッシュに設えても生活臭は拭えないのであります。最後に、チョットいいな、と思った一台。
f0171518_16350560.jpeg
コペンに興味はなかったが、これはありです。一人乗りの多い軽だからこそ、このパーソナル感。2ドア派生だからこそのプロポーション。この小さなシューティングブレークはぜひ実現してもらいたい。





[PR]
by match_boxes | 2016-04-30 16:36 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

一時スポーツワゴンというジャンルが大流行したが、あれは高性能な実用車に過ぎない。我が国最初のスポーツワゴンはREを搭載したサバンナだと思うが、あれもグランドファミリアのバンがベースであり実用車臭さは拭えていなかった。まあ、だからワゴンという呼称は正しかったのだが。
f0171518_15540003.jpg
近頃、自動車界の偉人メルセデスが背の低いCLSの4ドアバンをシューティングブレークなどと称しているが、欧州自動車文化を担ってきた重鎮がこんな甚だしい見当違いをしないでいただきたいと思っている。シューティングブレークとは生活感のない貴族的な車種であり、親戚を狭い後席に押し込んで道の駅で買った野菜を満載にして「やっぱりベンツはイイねえ」などとのたまう日本的ベンツ信奉者に誤った観念を植え付けてしまうのは無責任というものだ。
f0171518_16260207.jpg
話が脱線した。コスモスポーツは純然たるスポーツカーだから、その荷室がついたものはシューティングブレークと呼びたい。特別誂えだから、内装はコノリーレザー、外装は白いコスモのイメージを覆すフォレストグリーンメタリック(たまたまあっただけ)。
f0171518_16254379.jpg
猟銃ぐらいしか積まないから荷室は最小限。これならスポーツカーの軽快さは損なわないだろう。スポーツカーといえば86/BRZが話題になったが、モーターショーにそのワゴン版が出品されるというので期待したのだが、現物はこれだった。
f0171518_14581383.jpeg
スバル クロススポーツデザインコンセプト。う~ん…ちょっと違う…。やっぱりスバルは真面目な(アタマの堅い)会社なんだろなあ。樹脂のトリムをほどこすあたり、SUVの固定観念から抜けられないようだ。かつてはこんなの提案してたんだけどなあ。
f0171518_15152506.jpeg
スバル アマデウス。これくらいならシューティングブレークと呼んでもいいかな。





[PR]
by match_boxes | 2016-04-29 23:55 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

とりあえず屋根を伸ばしてみる。バラバラになった屋根を強制接着。
f0171518_15520929.jpg
こんな感じ。野暮ったいな…
f0171518_15561230.jpg
f0171518_16112247.jpg
まあ、2ドアクーペに荷室をつけるとだいたい野暮ったくなるものだ。でもそんなクルマがなぜか好き。これは子供の頃ウチにあったファミリアバンが2ドアだったからかも、といま思いついた。
f0171518_16150631.jpg
2ドアクーペに荷室をつけた車種をシューティングブレークと呼ぶ。由来はその名の通り狩猟用の乗用車。金持ちが道楽の狩猟のために高級スポーツカーを改造させたのが始まりであり、生活グルマのバンやワゴンとは全く成り立ちが違うことを認識されたい。




.
[PR]
by match_boxes | 2016-04-28 15:50 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

ジャンクヤードからホッタラカシのコスモスポーツを引っ張り出してきた。1/20日本模型製。
f0171518_15473705.jpg
制作途中にギターを倒してしまい、ルーフからフェンダーまでバリンと割れてしまった。制作意欲をなくして幾歳月。ニチモがプラモデルの生産をやめてしまったいま、貴重になった模型をカタチにしよう。
f0171518_15484699.jpg
屋根が割れてるから安直にオープンにしようかと思ったが、実車でも作った人がいるのでそれもつまらない。むしろ屋根を延ばしてしまおうか?
f0171518_15492818.jpg
ワゴンにするにはリアウインドウの処理が面倒。この特徴的なリアウインドウをそのまま使おう。と、切り出したらバラバラになってしまった。ヤレヤレ。





[PR]
by match_boxes | 2016-04-27 15:45 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

BMW turbo

このところ、BMW M1に凝っている。
f0171518_18205461.jpg
調べると、M1はプロトタイプBMW turboのコンセプトを継いでいるという。
f0171518_18212749.jpg
f0171518_1822379.jpg
なるほど。ミドシップレイアウト、全体的なフォルム、特にリアの造形はM1に色濃く反映されている。

はて、BMW turboの模型なぞあるかな?とオークション探したらいきなりヒットした!これはもう縁であろう。
f0171518_18225956.jpg
f0171518_18235439.jpg
米澤玩具の発売だが生産は香港製。このマイナー車を取り扱ったのは膨大な種類のミニカー、ダイヤペットを送り出していたヨネザワならではか。カウンタックは知ってても、BMW turboを知るスーパーカー少年はいただろうか?珍しい車が玩具になっていたものだ。





[PR]
by match_boxes | 2016-04-20 18:24 | 頑是無い玩具好き | Comments(0)

フリーランストラック④

牽引させるトレーラーを作ってみる。
f0171518_1427538.jpg
エバーグリーンのプラ板でハコを作り、余りパーツをテキトーにくっ付ける。
f0171518_1535827.jpg
トラクターはイカツイのにトレーラーは一軸と小ぶり。あんまり大きくしても置き場所に困るからねえ…
f0171518_1545995.jpg
で、こんなんなりました。トレーラーはウェポンキャリアのフロントアクスルくっ付けてステア可能。日本の狭い道に適合させております。どういう仕組みでステアするのか知らんけどね。
f0171518_1555520.jpg
おもちゃの残骸がこんなカタチになりました。必要以上にパワフルなトラクタと小ぶりなトレーラーの間尺の合わなさが気に入っております。そのうち社名を書き入れましょう。






[PR]
by match_boxes | 2016-04-04 14:25 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

フリーランストラック③

このへんで黒サフを吹く。
f0171518_1401620.jpg
お、このままでもカッコいいなあ。
f0171518_1424480.jpg
そうもいかんので塗装。いかにも米軍払い下げなので、あえてジャーマングレーを吹く。あくまで地味に。
f0171518_1435930.jpg
このままではいかにも軍用車なので、タイヤに明るい色を差す。こういう配色 、60年代のトラックによくありました。ホイルリング部分だけ塗るのもいいなあ。
f0171518_14182060.jpg

f0171518_1419117.jpg
こんなんなりました。元ネタ不明の寄せ集めトラック。軍用車っぽさが抜けないなあ。こいつはトラクターなのでトレーラーも欲しいところです。






[PR]
by match_boxes | 2016-04-03 13:58 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

フリーランストラック②

自由型と言っても、凝った造形にするつもりはない。メンドクサイからね。ほぼハコのようなキャビンとする。細かい艤装はハーフトラックの部品が余っているので、それを利用する。
f0171518_13405950.jpg
第二次大戦後はGHQの配給統制により自動車の生産が制限されていた。なにより生産設備、資材の不足でそれもままならない。戦前型の中古シャシーや米軍車両の払い下げにボディ架装することで当場を凌ぎ、終戦後の経済活動を支えた。
f0171518_1342182.jpg
有りあいのシャシーに町の板金工場が架装した、間尺の合わない車が走っていたのが戦後の日本の路上である。それでも町の匠は戦前型の車を見事に戦後型に架装してみせていた。そんな時代を想定してカタチにする。
f0171518_13481626.jpg
う~む、味も素っ気もない箱だ。機能一点張りのカタチは電気機関車のようだ。
f0171518_13501091.jpg
資材不足のせいか、幌式天蓋となっている。乗員席は三つ。作戦室だったのか、窓向きの後部席は折り畳みの机が装備されている。快適そうである。
f0171518_13511892.jpg
M21モーターキャリアの余りパーツをどんどん艤装する。
f0171518_135633.jpg
おもちゃのジャンクシャシーがカタチになってきた。




.
[PR]
by match_boxes | 2016-04-02 13:38 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

フリーランストラック①

リサイクル屋を物色してたら、気になるガラクタを見つけた。
クルマの玩具の残骸だろうが、イカついタイヤが妙にカッコいい。コレを使って何かカタチにしてみるか。
f0171518_1331599.jpg
フリーランス、というと今では働き方を指す言葉だが 、自分としては鉄道模型で言うところの自由形、のことだ。実物に忠実な模型こそ最上、と思っていた頃は理解できなかったが、 近頃はリアルを目指すより自分の好きなように弄るのが面白いと思うようになってきた。ひととおりカジッた上で自由に遊ぶのが楽しいのだ。
f0171518_13321845.jpg
落書きをしてイメージを起こし、テキトーに図面を書く。図面というより型紙といったほうがよい 。なかなか楽しい。
f0171518_13334995.jpg
どんなふうになるか見当つかないが、とりあえず補強のフレームを接着する。




.
[PR]
by match_boxes | 2016-04-01 13:38 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29