フランス窓便り81

 パリを訪れてから三年たちました。その間、世界の情勢は様変わりしました。多発するテロ、流入する難民、ナショナリズムの台頭…。そぞろ歩いたシャンゼリゼ通りでも乱射事件があったばかり。
のんびりと物見遊山したのが懐かしい…。パリを思い出しながら、また散策をしてみます。

パリにはふたつの大きなデパートがあります。オペラ・ガルニエのそばにあるギャラリー・ラファイエットとプランタン。その一つ、ギャラリー・ラファイエットに立ち寄ってみます。

f0171518_14495398.jpg
ギャラリー・ラファイエットは全三館からなり、7万㎡の売り場面積を誇る。本館にあるネオ・ビザンチン様式のクーポラは歴史的建造物に指定されている(ガイドブック丸写し)
f0171518_14521960.jpg
うーむ、たしかに壮観だ…。有名ブランドが勢揃いしているが、買うものはないのでおトイレだけお借りします。
f0171518_14551574.jpg
上の階にいって、20世紀初頭のパリの写真集を買いました。


[PR]
by match_boxes | 2017-05-20 16:18 | フランス窓便り | Comments(0)

MG B (アオシマ 1/24)

f0171518_08041698.jpeg
f0171518_08063118.jpeg
f0171518_08073062.jpeg
風薫る良い季節になった。この時期になると決まって、オープンカーへの憧れが募る。
オープンのスポーツカーといえばマツダロードスターがいまや代名詞だが、以前はMG Bだった。モノコックボディ、フロントミドシップ、そこそこのパワーのライトウェイトスポーツ。50年以上前に様式は既に完成されていた。いま見てもカッコイイ。
シャコタン、デコトラのアオシマから発売されたのにはちょっと驚いた。とてもよく出来たキットだけれど、そのまま組むと妙に腰高でカッコ悪い。車高を下げる調整が厄介だったなあ。2004.4.18完成。




.

[PR]
by match_boxes | 2017-05-04 08:02 | Comments(0)

こんな感じで完成とする。

f0171518_06383017.jpeg

欠品のミラーはプラ板の鏡面にゼムクリップのステー。

f0171518_06395417.jpeg


テールランプは分解時に破損したので、スワロフスキーに置き換えた。
ホロのシワはやりすぎたな…

f0171518_06404465.jpeg

幌のクリップは虫ピンを挿して表現。ちょっと無骨だが、フルホロである。
これでお気に入りがまたひとつ。




.

[PR]
by match_boxes | 2017-05-03 06:42 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

プラ板を切った貼ったで幌を作る。

f0171518_06311100.jpeg


外せる部品は外し、欠品している部品は適当に作る。


f0171518_06321925.jpeg


ホロはこんな感じ。


f0171518_06333178.jpeg


幌はこのままじゃ鉄板みたいなので、ティッシュを貼り付けて布地を表現。




.

[PR]
by match_boxes | 2017-05-02 06:34 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

郊外のリサイクル屋でバモスホンダのビルドキットを見つけた。欠品あるけどまずまずの状態。ニチモのレジャーカーシリーズは貴重だからなあ。


f0171518_06202276.jpeg


バモスホンダは相当に個性的というか、異色だ。スポーティカーが好きだった自分は
なんだこりゃ?と思ったが、その姿は強烈に印象に残った。


f0171518_06225650.png


そもそも、名前からしてヘンだ。ホンダという会社のバモスという製品なのにバモスホンダって逆に呼ぶのがへんだ。バリエーションの違いは幌の形状の違いによるのだが、いちばん幌が大きいのがフルホロだ。フルホロ…その変な語感がもう頭から離れない。


f0171518_06243773.jpeg

ニチモのバモスはオープン仕様で幌がない。よし、こいつをフルホロにしてやろう。
さっそく方眼紙の上で検討する。






.

[PR]
by match_boxes | 2017-05-01 06:26 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31