ルーフキャリア

子供の頃から夢中になったミニカー、マッチボックスはイギリスで生まれた。その故郷を走る車をモデル化するものだから、どれも日本では馴染みのない車種ばかり。でも、バランスのとれたプロポーション、彫刻の細かさ、カラフルさに魅かれ着々とその数を増し、いまに至る。ヤレヤレ。

マッチボックスはただ実車をミニチュアにしただけではない。ステーションワゴンのリアウインドウから犬が顔を出してたり、アイスクリーム販売車からさアいらっしゃいとばかりに手を広げる売り子とか彫刻されていて、車を取り巻く人々の生活、異国の日常に想いを馳せることができた。

マッチのランドローバーもお気に入りの一つだ。屋根の上に載せられた大量の荷物が、どこに旅に行くのだろう?と見知らぬ国への冒険旅行という夢を掻き立てた。

f0171518_21575502.png
乗車人員を減らすことなく移動する。車内に入りきらない荷物を屋根に載せる。
ミニバンがこれほど普及するとは想像もしない時代、ワゴンはあくまでセダンデリバリーであり乗用車の派生であった。それを道具として使い倒すのにルーフキャリアは有用であった。
f0171518_21592836.jpeg
f0171518_22002263.jpeg
日産のラリーサポートカー。華やかな競技車を支えるため、パーツを満載して過酷なラリーコースをひたすら伴走したのである。ラリーカーとは違った、また魅力ある車両である。
f0171518_19523860.jpeg
電気屋ではない。ルーフキャリア一つで立派なツノを戴いた雄鹿のように逞しい姿になった。当面屋根に載せるような場面はないが、荷物満載してどこかへ旅する夢をキャリアに載せて走る。




[PR]
# by match_boxes | 2017-03-14 22:10 | 自動車部 | Comments(0)

©ロードローラー

f0171518_12050881.jpeg
f0171518_12053928.jpeg
箱自動車もちょっと違うものを、と作ってみたのがこちら。レシート用紙の芯がしっかりしているのでローラーに見立てて工夫してみたが、手間かかった割に出来は今一つ。
近頃はタイヤローラーが主流で、重たいロードローラーは見なくなったねえ。

[PR]
# by match_boxes | 2017-03-13 12:20 | キャラメル自動車工場 | Comments(0)

趣味も長く続けていると、道具やら資料やらずいぶんな量になる。ましてやその対象そのものなぞ疎かにできぬから、大事にしまい込むことになる。せっかくコツコツ作ったのだから、しまう前に記録しておこう。

f0171518_14005321.jpeg
f0171518_14013786.jpeg

f0171518_14273234.png
のちに大ブレークする乗用4WDパジェロの始祖となるコンセプトカー。
なにを思ったかこのキット使ってジープのワゴンに改造しようとシャーシをぶった切ったものの、通常のジープと全然形が違うので頓挫。そのまま放置していたが、貴重になったのでキチンと組み立てた。 色の考証間違えてるなあ。2007.5.13.完成。




.


[PR]
# by match_boxes | 2017-03-12 13:47 | 1/20 モデルカーズ | Comments(0)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30