アデュー

愛車を処分することにした。残念。
f0171518_15513543.jpg
端正なノッチバックがカッコ良い。FFながらダブルウィッシュボーンの足は小気味よいハンドリング。ツインカムではないけれど、3バルブエンジンは当時珍しいツインキャブ、シューンと気持ちよく回る。空気が乾いた天気の良い日には、いつまでも乗っていたいと思った。
f0171518_9344679.jpg
室内はきれいで、すぐにでも走れそう。窓が大きくて明るくて居心地がよかった。ガラスサンルーフに積もる雪が楽しかった。自動車はスペックだけではない魅力がある。この車は当時一頭抜きんでていたホンダのセンスに溢れていた。クルマの楽しさを教えてくれた。

いつかは起こして旧車イベントにでも、と保管しておいたのだが、抗いきれない魅力のクルマが現れてしまった。実車はミニカーのようにとっておけない。なんとかしてあげたかったが、サヨナラすることにした。朽ちていく姿に胸痛めながらも、捨てることができなかったのは、本当の「愛車」だったから。
f0171518_949271.jpg
お神酒をあげて、礼を言う。記念にエンブレムを外すとき、涙が出た。ごめんな、待ってたのに走らせてやることができなくて。そして、ありがとう、プレリュード。
[PR]
Commented by たの字 at 2012-10-13 20:04 x
うお、まだ持ってたんすか!これ乗ってふたりで合宿の下見に行ったわよね♪
Commented by match_boxes at 2012-10-18 09:16
・ん~行ったねえ。さんざご飯出されたけど、そこには決めなかったなあ。ってか、その言い回しやめなさい。
by match_boxes | 2012-10-05 23:50 | 自動車部 | Comments(2)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30