人気ブログランキング |

トヨタ クラウン 二代目 ーいにしえ模型ー

クラウンよ、リ・ボーンせよ。
f0171518_13441655.jpg
クラウンは日本を代表する高級車だ。「いつかはクラウン」という名キャッチにあるように、日本国民のある種の羨望を喚起する存在である。某自動車評論家によると、外国製高級車を嫌い、クラウンの新車を乗り継いでいる代々の素封家が多いという。新型が出る度にご祝儀を届ける義理堅いユーザーも居るとのこと。表だったことを好まない、やんごとなき方々が粛々と支持しているらしい。

長い歴史を持つクラウンだが、クラシックカー然とした初代を別格とすれば、今に続くクラウン像を確立したのはこの二代目であろう。低く、長く、幅広く。アメ車を日本サイズに翻訳した、と言えなくもないが、フェンダーから延びる特徴的なプレスラインなど、なかなかに洗練されている。まだ車種が少なかったためか、セダンのほかに、マスターラインと呼ばれるワゴンやピックアップトラックまで用意された。

思い出されるのは、近所の雑貨屋が所有していたマスターライン。クラウン顔したピックアップは、和製エルカミーノと言いたいくらいカッコ良かった。高校生の頃でもすでに珍しい存在で、免許もないのに譲ってもらえないか、と頼みに行こうと思ったほどだった。そのうち雑貨屋は廃業し、マスターラインも居なくなってしまった。

ここに挙げた模型は、シガレットケースからかたどったレジンモデル。随分昔に自動車系フリマで手に入れたもので、モノはボディとホイルキャップだけのドンガラ。内装、シャシは自作せねばならず、レジンへの塗装も初めてと難題ばかり。が、そこは惚れたクラウン、材木やら針金やらを使ってなんとかカタチにした。工作の跡を見ると、二代目クラウンへの執着が伺える。

二代目クラウンをCMに見つけた。

リ・ボーンをテーマとするトヨタの一連のCMは、寒い。秀吉たけしに「やりたいことがあるんだ」と含みを持たせておいて、出てきたクラウンはジャンレノドラえもんと同じピンクに塗られていた。「権力より、愛」???。このトンチンカンな展開では日本のやんごとなきお歴々もドイツ製高級車に乗り換えたくもなるだろう。高級車は凛々しく。ヘンに媚びずに、「いつかはクラウン」と崇められる存在にリ・ボーンしてほしい。
by match_boxes | 2013-01-06 12:34 | いにしえ模型 | Comments(0)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30