ニッサン チェリー1200X‐1 1970 (クラウン1/24)


f0171518_11454002.jpg
f0171518_12221526.jpg
f0171518_12240043.jpg
f0171518_12244645.jpg

チェリーを初めて見たとき、これは何かが違う、と思わせた車だ。カッコいいクルマの基準が2ドアでクーペかハードトップと思い込んでた子供には、リアオーバーハングの短い車は大きい軽自動車のように見えた。なのに彫が深い顔つきは妙に自信ありげで、微妙なカーブのプレスラインは日産のそれとも違う。シュイ―ンという走行音も聞きなれないものだった。とても興味を引かれるのに、自分の中のカッコいい基準とあまりに違うことに戸惑った。日産初のFF車で、かのプリンス自動車が設計主体だったこと。それを知る今ならばこの車の意義が分かる。
模型は子供の頃に組み立てたものをレストアしたもの。童友社のX1Rのホイルに換えてある。トヨタ初のFF、ターセルと並べてみた。トヨタ初のFF車はチェリー発表から八年の歳月を経なければならなかった。
1999.3.19レストア。




.



[PR]
by match_boxes | 2018-01-15 12:25 | 1/24 モデルカーズ | Comments(0)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31