2017年 03月 05日 ( 1 )


いまさらだが、自動車が好きである。訳は知らぬが子供の頃から好きだった。
国の内外、大小、カテゴリーを問はず興味がある。また、スペックとか人気の有る無しはあまり気にしない。要はクルマのカタチと佇まいが好きなのだと思う。

そんなクルマ好きにはたまらないイベントがあって大いに楽しんだのだが、フリーマーケットの会場があるのに気付いたのは閉会時刻が迫った頃だった。大急ぎで見回ると目に入ったのがハイエースのプラモのジャンク。値段を尋ねたら意外に強気の価格。いやいやこの程度でそれはないでしょ、と手に入れなかった。
しかし、後悔先に立たず。工作をしてるとあのハイエースがどーも気になる。あれは廃棄レベルのジャンクだ、いやいやいじり甲斐があるじゃないの、と。

明くる年のイベント。またいそいそと出かける。目的はあのハイエース。こんな腹積りでやってくる者はまずいないだろう。だが、フリマのものは一品モノばかりなので、買い逃すと再び手にはいることはまずない…。

件のブースはあるかな…人を掻き分け捜した先には…あった‼︎あのハイエース‼︎
値段も昨年の1/3だったので手に入れる。まさに一年越しである。
しっかし、これに値がついてるのもすごいなあ。
f0171518_08342081.jpeg
うーむ、ひどい。よく見るほど、ホントにヒドイ。
まあ、これを手に入れようと思う人はいないか…
f0171518_08354414.jpeg
元は多分、グンゼのハイエースワゴン。今は結構な貴重品。
それをトラック野郎にでもしたかったのか?
f0171518_08380361.jpeg
このホイルベース、どんなクルマにしようとしたのか?
どうみても子供の作だが、カタチにしたい熱意は感じられる。
f0171518_08401411.jpeg
眺めててもしょーがないので、即分解。カタチになるかなー





[PR]
by match_boxes | 2017-03-05 10:53 | 模型好きの異常な執念 | Comments(0)

小箱なバーの毎日