f0171518_11200036.jpeg
f0171518_11204188.jpeg
f0171518_11213707.jpeg
名前もカタチも知っていても、実車を見たことがない方が多い。興味があるのでヒトよりちょっとだけ詳しいが、それも雑誌やミニチュアから得た知識ばかり。やっぱりホンモノを見てみたい。
カプリを知ったのは手に入れたマッチボックスから。サーモンピンクのファットなボディにマットブラックのボンネット。フォードというからにはマッチョなアメリカンV8かと思いきゃ、実車は1600とか2000の直4とかあって、なんだ、国産車みたいじゃん。ベビー・ムスタングと呼ばれて欧州ではヒットしたそうで、アメリカとは違うフォードがあるのか、と世界のいろんな車にますます興味を持った次第。
童友社の再販でもラインナップされたが、これは山田時代のもの。山田は70年代の乗用車を内外問わずキット化していて、共通シャシーゆえに間延びしているが、ホイルキャップの造形は秀逸でそれに救われている。ただ、カプリはどうしても野暮ったいのでワタナベを履かせてみた。深夜の海外ドラマの冒頭で、ほぼ同じ仕様のカプリがチラッと映っていて、オッと思ったものだ。
日本にも輸入実績があり、バンダイ1/20でもキットがあるほどだから、当時は人気があったのかもしれないが、ついぞ実車を見たことがない。どこかにないかなあ。
1999.7.6.完成。




.

[PR]
by match_boxes | 2018-02-01 11:22 | 1/24 モデルカーズ | Comments(0)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28