ペダルカーでGo!!⑥

宅配便のにいちゃんがフウフウ言いながら持ってきた。う、デカイ。

f0171518_09032098.jpeg

営業中に梱包解くのもあれなんで、深夜にコッソリ開封。畳半畳くらいじゃ邪魔にならんだろ、とタカくくってたら、現物は結構デカイ。

f0171518_09045394.jpeg
f0171518_09053578.jpeg
f0171518_09065098.jpeg


うーむ、結構サビてんなあ
錆びてはいるが、作りは堅牢。オモチャだからと手を抜いた感じがしない。
そうか、これはただの玩具ではなく、ヒトが乗って操縦するマシンなのだ
人間が、五感と体躯と憧憬を駆使して初めて操縦する最もシンプルなマシーン。




.

[PR]
by match_boxes | 2018-06-30 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!!⑤

カラーリングを決定‼︎
ブルーとホワイトのツートンに仕立てる。このカラーには元ネタがありまして…

f0171518_17594255.jpeg

これです。トヨタ2000GT SCCAレースカー仕様。

f0171518_18065128.jpeg

この2000GTはシェルビーが監修していたが、実は、シェルビーに在籍していたピートブロック率いるBREが監修するはずであった。ピートブロックはブルーにホワイト二本線がカッコいいデイトナクーペをデザインした人物で、独立後はトヨタのレースカー製作に携わり、2000GTのSCCA参戦も手掛けることになっていた。が、その計画をあろうことか古巣のシェルビーに持っていかれたため、それに対抗すべくニッサンと手を組む。すでに旧態化していたフェアレディSR311で参戦、見事シェルビーの2000GTを下した。後のBRE510の大活躍へと繋がっていくのはご存知のとおり。

このカラーリングはシンプルながら、縁取りの細いラインが効いていてカッコいい。シェルビーの2000GTとして認知されているが、デイトナクーペや、BREのグラフィックデザインのセンスの良さからして、ピートブロックがどこまで関与していたのか興味深い。
マイクロレディはフェアレディをモチーフとしているとか。それに2000GTのカラーリングでいくのもオモシロイ。まあ、ブルーにホワイト二本線はありがちだし、居住スペースに対して小さいボディにはシンプルな塗り分けの方がいいでしょう。ほんとはマスキングがめんどくさいだけなんだが。







[PR]
by match_boxes | 2018-06-29 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!!④

マイクロレディがやってくるまで、カラーリングを検討する。
f0171518_16422519.jpeg
ペダルカー のカスタムといっても、切った張ったをするわけではない。
塗色の変更でイメージを変えようとしておるのだよ。
f0171518_16425711.jpeg
線画をコピーして塗り絵をする。なかなか楽しい作業。
f0171518_16433228.jpeg
ベレット風、エスコート風。あれやこれや。
f0171518_16442574.jpeg
青地に白2本線のコブラカラーはありがちなので、敢えて採用しない。




.

[PR]
by match_boxes | 2018-06-28 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカー でGo!! ③


現行のペダルカーに魅力をまったく感じないことが分かった。今回はカスタムすることが目的であり、樹脂製ボディでは扱いが難しい。条件として実際の車と同じ鉄板のボディ。多少のサビ、凹みは実際の車と同様に補修するので問題とせず。欠品があっても全体のフォルムがしっかりしていればよし。そしてなにより安価なこと。それをふまえてオークションで探すとこんなやつがいた。

f0171518_08304640.png
…んー…なんだかなあ…かっこいいのかなあ…
外国の素晴らしい製品を見ていると、これはなんかとぼけてるような…
が、これが日本中の子供達が愛用したモーリ製のマイクロレディ号である。マイクロレディ。なんかイイ名前だな。眺めるほどにホノボノとするそのフォルム。よし、コイツで行こう!ポチッ!。









[PR]
by match_boxes | 2018-06-27 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!!②

ペダルカーとはどんなものか?こどもが乗り回すおもちゃ、というのは承知しているがいまどきはどんなのがあるのか?
ネットを検索してみると、ポリバケツみたいな樹脂でできたベンツやレクサスといった成金趣味なのばっか。ヘッドライト点灯、ハンドルのスイッチでエンジン音・メロディー・ウインカー音、スピーカー装備のシートはMP3プレーヤとつなげて音楽が楽しめます…って、なんかみみっちいんだよなあ

f0171518_12160473.jpg


パリの街を散策して見つけた玩具店。その店先にはペダルカーが。

f0171518_12171176.jpg


んー、これなら大人も欲しくなる。置いとくだけでも絵になるではないか。持ち帰りたかったが、モノがデカすぎて諦めた。
思うに、ペダルカーも文化なのだ。かの地では、世界最古の自動車メーカー、プジョーが、伝説のブガッティ―が、アバンギャルドのシトロエンが、ルノーが戦前には走り回っていたのである。日本のモータリゼーションは戦後、それも1960年代からであり、クラシカルなカタチは馴染がないのだ。だから佇まいではなく成金グルマに装備いっぱい、なのだろう。それも文化だが、私が求めているのはそれではないのだ。






[PR]
by match_boxes | 2018-06-26 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカー でGo‼︎ ①

物心ついた時からクルマ好き、いや、クルマのおもちゃが好きなのかもしれない。だから、本物のクルマも自分にとってはおもちゃ。マイカーを愛でるのも、掌のミニカーを愛でるのも同じことなのだ。

それこそ呆れるくらいクルマのおもちゃを集めてしまったが、ヒトが乗れるおもちゃは本物のクルマと、ペダルカーしかない。ペダルカーなんて幼児がキコキコと漕いで走る乗用玩具。さすがに守備範囲ではない、と思っていたが、クルマのおもちゃとしてみればこれも魅力的。子供の頃に馴染みがなかったこともあり、ひとつ手に入れるのもいいかも。そうだ!コイツをカッコよくカスタムしてやろう!

またビョーキがはじまった。

f0171518_23394058.png







[PR]
by match_boxes | 2018-06-25 12:00 | のりもの | Comments(0)

小箱なバーの毎日
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30