ペダルカーでGo!! 21

ホワイトのボディーカラーならどんなツートンにしてもいい。ブルーに拘らず、スピンナーの似合うクルマがないか探したら、ありました!フォードGT‼︎

f0171518_00584678.png
ガルフカラーもカッコいいし、エセックスワイヤーの塗り分けもいい。が、フォードGT40にも続くサイドシルの子持ちストライプは絶対に再現したい!


f0171518_01004958.jpeg


てな訳で、トヨタとフォードのGT折衷案でいくことにしました。


f0171518_01013402.jpeg

しっかし、デカイからマスキングがたいへんだ。






[PR]
by match_boxes | 2018-07-16 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!! 20

パーツを仮組みしてみる。ライトは純正だとトボけたカンジなので、ブラックアウトしてレーシーにする。このままゼッケンつければポルシェ356みたいでこれでもいいんじゃないかと思う。

f0171518_00272524.jpeg

テールランプは透明感が欲しいので、ホームセンターに売ってる汎用の反射板を加工して取り付ける。このままではさびしいな。

f0171518_00280098.jpeg

初志貫徹。あくまでもこのカラーリングに準ずる。
f0171518_00321615.png


[PR]
by match_boxes | 2018-07-15 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!! 19

酒メーカーのロゴがそのままのスピンナーは、ロゴを隠し、ちょっとアレンジ。

f0171518_00153869.jpeg

ホイールを塗り分けると、ぐっと渋くなった。

f0171518_23553204.jpeg

パーツメーカーのステッカーを貼って遊んでみる。ステッカーは磁気シートに貼ってあるのですぐに剥がせる、といった寸法。

f0171518_23571094.jpeg




.

[PR]
by match_boxes | 2018-07-14 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!! 18

ホイールはマスキングして缶スプレーするつもりだったが、塗装面積の割にマスキングが大掛かりになるので、刷毛塗りにする。

f0171518_23414883.jpeg

リム部をシルバーで塗り、スポーク?部をブラックで塗る。

f0171518_23423490.jpeg

シルバーが乾燥するまで一晩、ブラックが乾燥するまで一晩、次は逆側を同じことするのでとても時間がかかる。

f0171518_23431259.jpeg
手間かけただけ、足元がキリリとしたんじゃないかな。





[PR]
by match_boxes | 2018-07-13 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!! 17

1200番の耐水ペーパーでザラつきを取り除き、トヨタ系のホワイトを吹く。色が乗るまで3回は吹かないと。仕上がったのはちょっとオフホワイト。

f0171518_23065226.jpeg

ホイールを塗装するまでタイヤ洗浄剤は使わない方がいいのだが、キレイにしたくて使ってしまった。これが付着すると塗料を弾いてしまうのだ。

f0171518_23053151.jpeg

んー、ここまでくると玩具というより実際にクルマいじってるような気持ちになる。

f0171518_23083559.jpeg
で、合体させてみたくなる。スピンナーも付けてみたくなる。







[PR]
by match_boxes | 2018-07-12 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!! 16

ベアメタルにしてからうすめ液で脱脂。ボディは白くするのでホワイトプラサフを使用。サフが入りづらい細かいところから徐々に吹いてゆく。

f0171518_18185443.jpeg

サフを吹いてはサンディング。これを納得するまで繰り返す。ミラーの穴は塞いでしまう。サンディングは耐水ペーパーで空研ぎ。塗装までは絶対に水を使わない。

f0171518_18203901.jpeg

やっぱりプラモデルとはデカさが違う。片手に缶スプレー、片手で対象物ではなくて対象物を自分が周るのは不思議な感覚。

f0171518_18213980.jpeg
ここいらでよしとする。この質感はまるでたまごの殻のようだ。





.


[PR]
by match_boxes | 2018-07-10 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!! 15

剥離剤をひと瓶使い果たしてもこの程度しか剥離できんかった。

f0171518_18041179.jpeg

そしてカップワイアでサンディング。2時間。もう限界。またジャージャーうるさくして、ご近所さまゴメンナサイ。

f0171518_18050641.jpeg

見た感じはサビが残ってるが、手の平ではわりと平滑なんでパテ付け板金作業。
手元にはアルミパテしかないのでそれを使う。高価だがいつ使うかわからんもんね。

f0171518_18062079.jpeg





[PR]
by match_boxes | 2018-07-09 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo‼︎ 14

ボディ内側の防錆処理は終わったので、ボディ本体の下地処理をする。サビが全体に浮いているので、まず塗装を剥がせるだけ剥がしてからサンディングをする。

f0171518_16383898.jpeg

眼に入ると失明する、と近所のペンキ屋に教えられて以来、劇薬扱いの塗装剥離剤を塗布する。本来ならばブクブク、シワシワとなってさっぱり剥がれるのだが、サビが邪魔するのか中々剥離しない。

f0171518_16400851.jpeg

剥離剤を塗布してはこそげとる、の繰り返し。

f0171518_16410531.jpeg




.

[PR]
by match_boxes | 2018-07-08 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!! 13

こちらもサビ変換剤を塗り…
f0171518_14471296.jpeg

錆止めペンキを塗って防錆処理。

f0171518_14461072.jpeg

こんどはいよいよ塗装作業だよ、タロウ。

f0171518_14485105.jpeg




.

[PR]
by match_boxes | 2018-07-07 12:00 | のりもの | Comments(0)

ペダルカーでGo!! 12

大物のボディに取りかかる。
モノがデカいんで作業台が欲しいところ。とっておいた頂きもののバナナの箱が丈夫で具合がいい。

f0171518_14305061.jpeg

グラインダーはうるさいんで電動ドリルにカップブラシで進めたが、ガランドウの鉄板ボディはデカイ音がする。またあそこん家のひと、おかしなことやってるよ、とか言われてそうな…近所の皆さん、スミマセン。

f0171518_14315204.jpeg

浮き錆をジャージャーとこそぎ落とす。

f0171518_14325973.jpeg
ま、こんなもんでしょう。タロウもあきれ顔。





[PR]
by match_boxes | 2018-07-06 12:00 | のりもの | Comments(0)

小箱なバーの毎日